え、こんな所でも!? 危険物取扱者が重宝される職場あれこれ

「就職や転職に取っておけば有利になる」と人気が高い資格「危険物取扱者」。しかし、「どんな職種で活躍しているの?」と聞かれればはっきりと答えられない方も多いのではないでしょうか。そこで、危険物取扱者が活躍できる職場をご紹介しましょう。

  1. 危険物取扱者とは?
  2. 危険物取扱者が重宝される職場は?

1.危険物取扱者とは?

危険物取扱者とは、文字通り危険物を専門的に取扱い、場合によってはその立会いを行うために必要となる国家資格です。「危険物」というと化学薬品や毒物を連想される方がいらっしゃるかもしれませんが、実際には火災を引き起こす可能性のある、「ガソリン」「灯油」などを主に取扱うことが多いのです。

一口に危険物取扱者といっても、甲、乙、丙の3種類があります。甲はすべての危険物を取り扱うことができ、乙種は1種~6種まであり、それぞれ扱える危険物が異なります。

丙種は、危険物第4類の限られた危険物のみを取り扱うことができます。この中で一番受験数が多いのは通称「乙四」と言われる乙4類危険物取扱者。この資格を持っているとガソリンや軽油、可塑剤、潤滑油、動植物油などを運搬ができるので、色々な職場で重宝されるのです。

2.危険物取扱者が重宝される職場は?

では、危険物取扱者が活躍できる職場とはどのようなものがあるのでしょうか? (ここでは危険物の種類には言及していません。ぜひ働きたい職場がある場合は、そこで扱っている危険物の種類を調べてから資格を取りましょう。)

2-1.ガソリンスタンド

危険物取扱者の資格が必要な職場、というと真っ先にこれが思い浮かぶ人が多いでしょう。ガソリンスタンドを経営するのにはもちろんのこと、その他にも最近増えているセルフ式ガソリンスタンドの監督者にもこの資格は必要なんです。

2-2.特殊車両の運転手

ガソリンや化学物質を積んで走るタンクローリーや、灯油の販売車などを運転するには、危険物取扱者の資格を持った人が同乗していなくてはいけません。大型免許や牽引免許も持っておくと、働ける場所がより広がります。

2-3.製造所

塗装工場や化粧品工場、インク工場などの化学物質を多く取り扱っている製造所は全国に数多くあります。ガソリンスタンドよりも目立ちませんが、危険物取扱主任者の資格保持者が重宝される職場です。

2-4.貯蔵所

石油やガスなどを貯蔵する施設や、そのような設備を備えた事業所なども危険物取扱者の資格保持者が必要です。ちなみに上記したタンクローリーも区分は移動タンク貯蔵所になります。

2-5.コンピューター産業関連の施設

意外に思われるかもしれませんンが、コンピューター産業関連の施設は危険物取扱者の資格保持者が必要な所が多いのです。コンピューター産業は電力に依存しています。電力の供給がストップすれば、業務が立ち行かなくなるのですから、施設によっては大型の予備電源を備えているところもあります。震災や火災などでこのような予備電源を動かす際には危険物取扱者の資格保持者の立ち合いや取り扱いが必要なのです。

まとめ

いかがでしたか? 危険物取扱者の資格を取っておくと活躍できる職場は思っている以上にたくさんあります。「何か資格を取りたいけど、何が良いだろう」と迷っている方にはお勧めの資格です。