意外に受からない危険物取扱者の資格! 合格率を上げる3つの方法

就職前のアピールポイントにするために資格を取得する人は多いですよね。資格には色々ありますが、中でも「危険物取扱者」は人気のある資格のひとつです。あなたも危険物取扱者の資格を取りたいと思っていますか?

危険物取扱者の資格は甲種、乙種、丙種の3つに分けられています。中でも人気があるのは、すべての危険物を取り扱うことができる甲種、ガソリンや灯油、植物油の運搬、取扱いができる乙種4類ですが、これらは合格率が35〜40%程の資格です。

国家試験の合格率としては高い方ですよね。簡単に合格するように思えますか? 実は、一見簡単そうに見えても、ポイントを押さえて勉強していないと合格は難しい、というのがこの資格の特徴なのです。

そこで今回は、危険物取扱者の資格に合格するための勉強方法をご紹介致します。

方法その1:効率の良い学習法を身に付ける

「過去の問題集をひたすら解いていけば危険物取扱者の資格に合格する」と思いますか? 効率良く勉強しなければ、危険物取扱者の資格に合格することはできません。過去の問題集を解くことは大切ですが、危険物についての正しい知識を学んだ後で行なう必要があります。

そうしないと、問題の出方が変わった時に対応できなくなってしまうからです。 「危険物について学ぶ」「学んだ範囲内の問題集に挑戦する」「どこを間違えたか確認する」「簡単に復習する」ということを繰り返し行なって、答えの量ではなく危険物の知識の量を増やしていきましょう。

方法その2:目標を立てる

ダラダラ勉強するのは苦痛ではありませんか? 達成可能な目標があれば勉強を続けやすくなりますよね。 危険物取扱者の資格を取るために勉強する時も同じです。ダラダラ勉強するのではなく自分が達成できる目標を作り、それを目安にして勉強しましょう。

「毎日2ページテキストを読む」「毎日練習問題を10問解く」という簡単な目標を立てておけば、勉強を続けることができ、短期間であなたの試験合格率をアップさせることができるのです。

方法その3:テキストを常に持ち歩く

「テキストを常に持ち歩き、暇な時にパラパラ見る」これが効果的な勉強方法だということを知っていますか?

もちろん計画的に勉強することは大切ですよね。しかし、勉強の時間以外にもテキストに触れる機会を多く作るなら、試験勉強のための意欲を高めることができるのです。 常にじっくり読む必要はありませんが、いつでも目を通せるようにテキストを持ち歩くなら、あなたの試験合格率をアップさせる助けになりますよ。

危険物取扱者の資格を短期間で取るためには正しい方法で勉強する必要があります。

  • 方法その1:効率の良い学習法を身に付ける
  • 方法その2:目標を立てる
  • 方法その3:テキストを常に持ち歩く

この3つの方法を続けていけば、あなたの試験合格率は大幅にアップすることでしょう。

この記事が役に立ったと思ったら下のボタンを押してシェアしてくださいね。