暖房器具大活躍のシーズン到来! 灯油の管理方法についておさらいしましょう

ここ数年、日本の気候は変化の傾向にあり、本来暖かい地域でもエアコンの暖房だけでは足りずに灯油を使うヒーターを購入された家庭も多いでしょう。
そこで今回は、灯油の管理方法についてご紹介します。

白いポリタンクは灯油用ではない

灯油用のポリタンクは、必ず色がついています。
太陽光で熱せられて灯油が発火する危険を避けるため、紫外線を通さないことが大切なのです。
灯油用ポリタンクと似た形状の白いポリタンクが販売されていますが、これは飲料水用で、灯油を保管できる性能を持ってはいません。
白いポリタンクに灯油を入れて保管すると自然発火の危険性があるので、絶対に避けてください。

外から見て灯油とわからないように

灯油を外部から見えるように保管していると、放火に利用されるなどのリスクがあるため、保管場所には気を使わなければいけません。
ベランダや庭に灯油の入ったポリタンクを保管する場合は、一見してすぐに灯油があるとはわからないようにカバーをかけるなどの工夫をしましょう。
灯油用のポリタンクは太陽熱で発火しない工夫がなされているとはいえ、太陽光をさえぎる工夫もしておくにこしたことはありません。
また、後述する不純物混入のリスクを避けるためには、屋根のある場所で保管する事が望ましいです。

不純物の混入に注意

灯油を入れているポリタンクのフタは、使うたびに必ず毎回きちんと閉めましょう。
屋外で保管している場合には、フタをしっかりと閉めていなければ雪や雨が入り込む可能性がある他、冷え込みによる霜や結露で水分が混ざることも考えられるのです。
水分などの不純物が混ざった灯油をヒーターに使うと、故障の原因になります。

作業の際は火気厳禁

灯油は室内暖房器具などの燃料となり、一般家庭で広く使われているので、ガソリンのように爆発するような危険性は低いです。
とはいえ、灯油ヒーターへ給油をする時やタンク間の灯油の入れ替えなどの作業の際には、必ず周辺の火気厳禁は徹底しましょう。
くわえたばこでの作業はもちろん、近くに火のついた蚊取り線香が置いてあるだけでもアウトです。
直接的な「火気」ではなくとも、火花が発生しやすいものも避けることをオススメします。
静電気がおきやすいセーターを着用しての作業にも十分な注意をしてください。

前シーズンの灯油は劣化の可能性も

灯油は、時間が経過すると品質が劣化しますが、冬の間しか使われない場合がほとんどですから、春になると次の冬まで出番はなくなりますね。
使いかけのまま余ってしまい、使いかけの灯油を1シーズン放置した経験のある方も多いのではないでしょうか?
次の冬がきてこの半端な灯油を前には、品質が劣化していないかどうか必ず確認しましょう。

確認方法はさまざまありますが、最も分かりやすいのは色です。
品質の良い灯油なら無色透明なのですが、品質が劣化すると黄色っぽく変色します。
また、灯油はもともと強い臭いを放ちますが、品質の変化により臭いにも変化が表れるものです。
もともとの灯油の臭いが苦手ではない方なら、臭いの変化で判断ができるかもしれませんね。

古い機種のヒーターに注意

余談ですが、灯油を使ったヒーターのなかには、自主回収されている機種が少なからずあります。
冬が近づいてヒーターを使う時期になると、回収機種を知らせるテレビCMが目に付くでしょう。
古い機種のヒーターを使っている方は、該当するものではないかどうか必ず機種番号を確認してください。

おわりに

いかがでしたか?
今回は、灯油の管理方法についてお話ししました。
これから寒くなる時期に灯油を扱うことが増えると思いますが、安全な管理方法を覚えて快適な冬を過ごしましょう。