危険物乙4の勉強法は? 合格するために押さえておくべきポイント

転職に有利になると社会人にも人気の資格、危険物取扱者。その中でも特に受験者が多いのが乙種4類、通称乙4です。では、この危険物取扱者の資格を取得するためにはどのような勉強法が効果的なのでしょうか?

そこで今回は、危険物乙4の勉強方法をご紹介します。危険物乙4は決して取得が難しい資格ではありませんが、覚えることが多いので、効率よく勉強することが大切です。危険物乙4を取得したいという方や、危険物乙4の資格に興味があるという方はぜひ読んでみてくださいね。

  1. 危険物乙4が人気の理由は?
  2. 危険物乙4の試験内容と勉強法は?

1.危険物乙4が人気の理由は?

この項では、なぜ危険物の中で乙4が最も人気なのかをご紹介します。乙4の合格率が低い理由とも関係があるのです。

1-1.危険物乙4が扱える危険物は?

危険物乙4を取得するとガソリンや灯油、軽油などの私たちにもっとも身近な危険物を取り扱うことができます。

危険物を一定の数量保管している施設は、監督者として危険物取扱者の資格保持者を勤務させておかねばなりません。ガソリンや灯油を一定数保管し、取り扱っている施設といえばガソリンスタンドです。町中にたくさんありますね。

つまり、危険物乙4を取得すると他の危険物取扱者乙種の類を取得するより就職に有利な場所がたくさんあるのです。

また、灯油やガソリンなどはタンクローリーで運ばれることも多いですが、乙4を取得すれば、タンクローリーの運転手になることも可能です。

1-2.危険物乙4の合格率が低い理由は?

危険物乙4の合格率は3割前後、とすべての危険物を取り扱える危険物甲種と同じくらいです。他の危険物乙種の合格率が7割前後ですから、かなり低いですね。しかし、これは危険物乙4の問題だけが極端に難しいのではありません。

受験者が乙4だけ突出して多いので、合格率が低くなっているのです。ですから、問題の難易度自体は、他の乙種と変わりません。危険物取扱者の試験は足切がなく、合格点に達していれば合格ですから、頑張って勉強しましょう。

2.危険物乙4の試験内容と勉強法は?

この項では、危険物乙4の試験内容と勉強法をご紹介します。危険物乙4の試験勉強は暗記が中心。コツコツと勉強し続けることが大切です。

2-1.危険物乙4の試験内容は?

危険物乙種の試験内容は

  • 危険物に関する法令(15問)
  • 基礎的な物理学及び基礎的な化学(10問)
  • 危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法(10問)

です。
試験は5択のマークシート方式で、試験時間は2時間。科目による時間区分はありませんので、自分で自由に時間配分を決めるとよいでしょう。この3つの科目すべてを6割以上とることが合格の条件です。1科目だけでも6割を下回ると不合格になるので気をつけましょう。

なお、他の乙種の類を受験したり、すでに乙種の類を何種類かとっていると法令と物理と化学の試験が免除され、試験時間は20分になります。

2-2.危険物乙4合格のため、必要な勉強時間は?

危険物乙4に合格するためのサイトや、合格までの体験をレポートしたブログはたくさんあります。それを参考にすると、危険物乙4に合格した人は、だいたい試験日の3か月ほど前から勉強を開始した人が多いようです。

「3か月もみっちりと勉強しなくては取得できないの?」と思うかもしれませんが、すべての人がそうだ、とは限りません。すでにガソリンや軽油を取り扱っている職場で働いている人や、知識がある方はもっと短い勉強時間で合格することもあるでしょう。

逆に、一から勉強する人は、もっと長い時間が必要かもしれません。しかし、どれほど知識がある人でも、一夜漬けの勉強で合格できるほど甘い資格ではありません。

2-3.一冊の参考書と問題集をやりこもう

書店に行くと、たくさんの危険物乙4の参考書や過去問題集が並んでいます。ついたくさんの参考書をそろえたくなりますが、合格するためには、一冊の参考書と問題集をやり込むことが大切です。危険物取扱者の試験勉強は、法令や化学物質の名前を暗記し、過去問を解く、の繰り返しです。特別なテクニックは何もいりませんが、コツコツと勉強していく必要があるでしょう。

また、社会人で仕事をしながら試験を受けるという人は、学生のようにまとまった時間を勉強にあてることができないかもしれません。その時は、通勤時間や、休み時間などわずかな隙間時間を勉強にあてましょう。10分あれば法律がひとつ覚えられますし、20分あれば過去問を一科目とけるでしょう。「時間がなかったから勉強できなかった」などということにならないように、常に参考書を持ち歩くくらいの気概が大切です。

おわりに

今回は危険物取扱者乙4の勉強法についてご紹介しました。
まとめると

  • 危険物乙4は合格率は低いけれど、難易度は高いわけではない
  • 暗記と過去問を繰り返し解くという勉強法が一番

ということです。

危険物取扱者の難易度は国家資格全体からみれば「ふつう」かもしれません。しかし、暗記すべきことがたくさんあります。テンポよく勉強していかないと、試験日まで範囲が終わらないかもしれません。

また、化学の知識のない方が勉強をする場合は、見慣れない文字や数値の羅列を見ただけで嫌になるかもしれません。ですから、一から勉強を始めるという人は、わかりやすさを重点にした参考書を選ぶとよいでしょう。

隙間時間を勉強にあてたいという場合は、あまりぶ厚すぎる参考書を選ぶと持ち運びが大変です。今は電子書籍やアプリなど色々なタイプの参考書や問題集がありますので、自分にとって勉強しやすいものを選びましょう。さらに、同じように資格取得を目指している人が集まっているSNSや掲示板を見てもやる気がわいてきますよ。