危険物を保管する方法とは? 消防法や保管量と共にご紹介します。

町中を歩いていると「火気厳禁」「危険物保管所」といった看板を見たことある方もいるでしょう。
これは「危険物を保管してある場所ですよ」という印でもあります。
では、危険物とはいったいどのようなものなのでしょうか?
そこで今回は、消防法に基づいた危険物を保管する方法についてご紹介します。
危険物を保管に必要な資格にはどのようなものがあるのでしょう?
また、消防法で定められた危険物ならば、どんなに少量でも厳重に保管しなければならないのでしょうか?
危険物取扱者の資格取得を目指している方がこの記事を読むと、新しい知識が増えるかもしれませんよ。

目次

  1. 危険物とは?
  2. 危険物を保管する際に必要な資格とは?
  3. 危険物の保管方法とは?
  4. おわりに

1.危険物とは?

この項では、危険物の定義についてご紹介します。
消防法に基づくとどのようなものが危険物になるのでしょうか?

1-1.危険物ってなに?

危険物とは、我々の生活分野に通常の状態で放置しておくと火災、爆発、中毒その他の災害に結びつく危険性のある物質のことです。
そのような危険な物質の代表的なものが、ガソリンや灯油でしょう。
保管方法を一歩間違えれば大火災につながる恐れがあります。
しかしこのような危険物をすべて我々の生活圏から一掃してしまうと、生活がとても不便になるでしょう。
そこで消防法により「この物質はこの数量を超えたら国家資格をパスした管理者をつけて、しっかり管理しなさい」と定めています。
この数量が「指定数量」であり、国家資格をパスした管理者というのは「危険物取扱者」のことです。

1-2.危険物の種類とは?

危険物は1類~6類に分かれています。
それぞれ

  • 酸化性固体
  • 可燃性固体
  • 自然発火性物質及び禁水物質
  • 引火性液体
  • 自己反応性物質
  • 酸化性液体

と名前が付けられています。この分類はざっくりとしたもので、それぞれの中でさらに細かく分類されるのです。
当然指定数量も物質ごとに異なっていて、最低の指定数量は10キログラム。
10キロというと、2リットル入りのペットボトル5本分の重さです。
随分と少ないことが理解して頂けるでしょう。

1-3.危険物は指定数量以下なら、どこに保管してもいいの

危険物は少量でも火災や爆発、それに中毒の危険性があります。
ですから、たとえ少量でもそのまま放置しておいてはいけません。
家庭で灯油やガソリンを買う時も専用の容器に入れて保管するでしょう。
あれと同じことです。ちなみに指定数量の1以下の危険物でも地方条例で規制されている場合があります。
危険物を保管する責任者は指定数量以下の危険物を保管する際の決まりもしっかり覚えておく必要があるでしょう。

2.危険物を保管する際に必要な資格とは?

指定数量以上の危険物を保管する際は、必ず危険物取扱者の甲種か乙種の資格取得者を雇っておかなくてはなりません。
丙種は危険物を保管する施設の保安の監督は行えないので注意しましょう。
危険物取扱者の甲種を取得している人は、すべての危険物を取り扱い、保安の監督ができます。
危険物取扱者の乙種の資格を取得している方は、自分が取得している類の危険物の保安の監督をできるでしょう。
また危険物取扱者が保安の監督をしている時に限り、この資格を持たない人でも危険物を取り扱うことができます。
危険物取扱者は社会人にとっても人気の資格で、特に乙種4類、通称乙4は取得されている方が多いでしょう。
危険物取扱者はこのように、ガソリンスタンドなど多量の危険物を扱っている職場には不可欠な存在なのです。

3.危険物の保管方法とは?

では、危険物を保管するにはどのような決まりがあるのでしょうか?
この項ではそれを御紹介します。

3-1.多量の危険物を取り扱っている場所とは?

危険物は以下のような施設で多量に取り扱われています。

製造所 

文字通り危険物を製造する施設です。化学薬品の工場などがそれにあたるでしょう。

保管所

危険物を保管しておいて、取扱所などに分配する施設のことです。石油プラントなどの他に、タンクローリーや危険物貯蔵庫などがあります。

取扱所

危険物を小分けして販売するところです。ガソリンスタンドや自動車の整備工場がそれにあたるでしょう。
これらの施設には当然危険物取扱者が常駐している必要があります。

3-2.危険物を保管している施設で行うべきこととは?

危険物を製造したり取り扱っている施設では、消防署や指定された機関への届け出が必要です。
また、危険物は消防法で定められた方法で保管しなくてはなりません。
その時に複数の危険物を同一の貯蔵庫で保管することはできないので注意してください。
また保管庫自体、定期点検や保安検査をする義務があります。
これらを行うのも、危険物取扱者の職務です。
また、消防設備や標識、掲示板の設置義務もあるでしょう。
つまり「ここに危険物があるので、皆さん気を付けましょう」と広く周知する必要があります。
現在は、危険物の保管庫を販売したりレンタルしてくれる業者も多いので、保管庫自体を設置するのは簡単です。
しかし、事故が起きないように管理することは決して簡単ではありません。
保安を任された危険物取扱者の責任は重大です。

3-3.万が一事故が起きてしまったら?

しかし、このように厳重に管理をしていても、危険物が原因の火災などが起こる場合もあります。
火災や爆発などの事故が起きた場合は、危険物取扱者は一刻も早く消防に連絡をしましょう。
危険物が原因の爆発や火災は不用意に水をかけると、余計にひどくなることがあります。
ですから消火の知識がある危険物取扱者が消防に連絡をすることで、二次被害を防ぐのです。
さらに、消防が消火活動をしている時には、近隣住民を避難させる必要がある場合もあります。
危険物は爆発したり火災を起こしたりすると有毒ガスが発生することもあるでしょう。
それらを吸ってけが人や死者が出ないようにしなければなりません。
そして無事に火災や爆発が鎮められた後は、原因を究明することが求められるでしょう。
特に危険物取扱者で保安監督だった場合は、管理に不備はなかったか厳しく追及されることもあります。
ですから危険物取扱者は、自分が取り扱っているものは万が一扱い方を間違えれば大変なことになるという緊張感を持って仕事に臨む必要があるでしょう。

4.おわりに

いかがでしたでしょうか。今回は危険物の保管についてご紹介しました。
まとめると

  • 危険物とは不用意に置いておくと火災や爆発の危険があるもの
  • 指定数量以上の危険物を保管する場合は、消防法に基づいて貯蔵庫などを作る必要がある
  • 貯蔵庫の管理、点検、保安監督は危険物取扱者の資格保持者が行う

ということです。
危険物取扱者の受験者数は乙4類が飛びぬけて多いのは、この資格を取得していると取り扱いができるガソリンや軽油を使用したり、保管してある施設がたくさんあるからでしょう。
つまり転職などでも有利なのです。
また、それ以外の類の保持者も一定数の需要があります。
甲種をとればすべての危険物を取り扱うことができるでしょう。
甲種は大学で化学を専攻した人でないと受験資格がないと思っている人もいますが、乙類を何種か取得すると受験資格が得られます。
また、丙種は危険物の保管庫の保安監督をすることはできません。できるだけ早く乙種などを再受験すると良いでしょう。