引火性液体とはどのようなもの? 引火性液体の特徴や火災予防・消火方法について

一般的に危険物とみなされているものを取り扱うには「危険物取扱者」という資格を持たなければなりません。
資格がなければ危険物を扱えないので注意してください。
危険物はさまざまありますが、その中でも「引火性液体」について詳しく説明します。
引火性液体とはどのようなものなのか、特徴や火災予防方法、消火方法、注意点について確認しましょう。
危険物取扱者やまたはその資格を取得しようと考えている人はぜひチェックしてください。

目次

  1. 引火性液体とは
  2. 引火性液体の火災予防方法
  3. 引火性液体による火災の消火方法
  4. まとめ

1.引火性液体とは

「引火性液体」とはどのような危険物になるのでしょうか。
引火性液体の品名や物質それぞれの特徴について説明します。
危険物取扱者、または資格を取得する人はぜひチェックしてくださいね。

1-1.第4類危険物である引火性液体

危険物はその特徴によって分類されていますが、引火性液体は「第4類危険物」として指定されています。
名前の通り、引火しやすい液体のことです。燃えるきっかけとなる「点火源」が空気と混合し、引火性液体が発する可燃性蒸気に触れると引火・爆発する危険性があります。
よって、点火源となる火花・火気・静電気・摩擦熱には近づけないようにしなければなりません。
危険物取扱者の資格は甲種・乙種・丙種の3種類がありますが、すべての資格において取り扱うものなので第4危険物の知識は必要不可欠です。

1-2.引火性液体の特徴

引火性液体の特徴はたくさんあります。主に挙げられるのは以下の通りです。

  • 空気より重たい
  • 水に溶けにくい
  • 引火しやすい
  • 水に浮く
  • 静電気が発生しやすい

以上のような特徴が挙げられます。
非常に引火しやすい液体なので危険性が高いです。
引火性液体から発する蒸気が空気より重たい特徴をもっており、低い場所に蒸気が溜まるでしょう。
よって、低いところにはできるだけ点火源を置いてはいけません。
また、水に溶けにくい「非水溶性」の特徴をもっています。
水と混ぜれば水の上に浮いてしまうので消火方法は気をつけなければなりません。
点火源のひとつ「静電気」を発生させる特徴もあります。

1-3 どのようなものが引火性液体になるの?

引火性液体にもさまざまな種類があることをご存知でしょうか。
大まかな種類にわけると「特殊引火物」「第1石油類」「第2石油類」「第3石油類」「第4石油類」「動植物油類」「アルコール」に分類されます。
それぞれ特徴をもっているのでチェックしてくださいね。
例えば「特殊引火物」は発火する温度が100℃以下、または引火点が-20℃以下、そして沸点が40℃以下のものと指定されています。理科の実験で使用するエーテルや二硫化炭素、酸化プロピレンなどが入るでしょう。
引火点が21℃未満のものを「第1石油類」としてそこから温度が上がっていくたびに第2類・第3類・第4類にわけられます。
そして料理でもよく使う「動植物油類」はヤシ油やオリーブ油、落花生油、ごま油等が入り、「アルコール」にはメチルアルコールやエテルアルコールなどがあるので要チェックです。

2.引火性液体の火災予防方法

2-1.置き場所に注意する

引火性液体は“低いところに停留する”特徴をもっているため、できるだけ換気がよいところに保管しなければなりません。
また、引火性液体を入れる専用の容器をしっかり密栓し、漏れないように気をつけてください。
密栓する前に若干、空間を残すとよいですよ。
そして点火源のない暗い場所を選ぶのも大切なポイントになります。
ほとんどの人が引火性液体をガレージか、または工場内の冷所に貯蔵しているでしょう。
冷所がベストですが“換気が良い”ところでなければ意味がありません。
そのため、可燃性蒸気を排出でき、かつ冷所になっているところを選んでくださいね。
当たり前のことですが、危険物を置くところは絶対に「火気厳禁」と言うシールを貼っておきましょう。
点火源の近くには絶対に置かないように注意してください。

2-2.静電気にも要注意

引火性火災予防方法は「静電気」にも要注意です。
引火性液体は静電気を発生させやすい特徴をもっているため、静電気の蓄積を防止しなければなりません。
どのように防止するのかというと、主な方法は保管場所の湿度を下げることです。
湿度を下げておけば静電気の発生も防げるのでぜひチェックしてください。
また、タンク等に引火性液体を注入する場合は、液体の流れを遅くさせることも大切です。
引火性液体の流れが速くなるとそれだけ静電気の発生率も上がります。引火する危険性があるので要注意ですよ。
引火性液体の中には有毒ガスを発生するものもあるので取扱いには十分に気をつけてくださいね。
危険物取扱者の資格をもっていても油断をして事故になったケースもあります。
取扱う前に注意事項をしっかり確認し、適切な方法でタンク等に注入しましょう。

3.引火性液体による火災の消火方法

3-1.ベストな消火方法は3つ

引火性液体による火災が起きた場合、ベストな消火方法は3つあります。
それは冷却・窒息・抑制方法です。
それぞれに使用する消火剤は「冷却」が霧状の強化材と泡、「窒息」が泡・二酸化炭素・ハロゲン化物・粉末、そして「抑制」が霧状の強化材・ハロゲン化物・粉末になるでしょう。
しかし、ほとんどの引火性液体は非水溶性ですが、中には水溶性タイプの液体もあります。
水溶性タイプの液体にこれら3つの消火方法は不向きです。
よって、水溶性液体の消火方法は専用の特殊な泡を使わなければなりません。
火元である引火性液体がどのようなものなのかによって消火方法も異なります。このことに十分気をつけて消火してくださいね。

3-2.絶対に「水」で消火してはいけない

基本的な火災の消火方法は「水」を利用しますが、第4類危険物である引火性液体は絶対に水で消火してはいけません。
なぜなら第4類危険物は水に溶けにくく、軽いからです。
水の上に引火性液体が浮いている状態になるため、水で消火してもまったく効果がありません。水で消火すると逆に引火性液体が周囲に飛び散ったり、火災をさらに拡大させてしまう恐れがあります。
消火する際は水以外のもので消火することが大切です。
実際に、引火性液体による火災で慌ててしまい、水で消火し、怪我をした人もたくさんいます。
火災が起きても慌てずに適切な方法で対処することが大切ですね。

4.まとめ

引火性液体の特徴や種類、火災予防方法、消火方法について説明しましたが、いかがでしたでしょうか?
危険物取扱者、またはこれから資格を取得する人は必ず把握しなければなりません。
第4類危険物に指定されている引火性液体の特徴を知り、適切な方法で取り扱わなければ大きな事故につながります。

  • 第4類危険物に指定されている
  • 引火性液体の特徴は5つ
  • 物質それぞれの特徴でさらに7種類にわけられる
  • 置き場所に注意する
  • 静電気の発生に注意する
  • 消火方法は冷却、窒息、抑制の3つ
  • 水で消火してはいけない

以上のチェックポイントは必ず頭の中に入れておいてください。
事前に知識を身につけておけば、正しい方法で取り扱うことができ、いざという時にもスムーズに対応できるでしょう。
何よりも「知識」が必要になります。
何かあってからでは遅いので、取扱う前に必ず注意事項を確認することが大切ですよ。
危険物を取扱うことを必ず意識してください。