自己反応性物質とはどういうもの? 種類や特徴をご紹介します。

危険物とは、通常の状態で放置しておくと発火や爆発の危険が大きな物質を指します。
「自己反応性物質」とは危険物のひとつですが、いったいどのような特徴があるのでしょうか?
そこで、今回は自己反応性物質とはどのようものかをご説明します。
聞きなれない言葉ですが、私たちの身近にも存在しているのです。
また、取り扱いを間違えると爆発や発火の恐れもあるでしょう。
自己反応性物質を取り扱える資格もご紹介しますので、危険物取扱者の資格取得を目指している方はぜひ読んでみてくださいね。

目次

  1. 自己反応性物質とは?
  2. 自己反応性物質の種類とは?
  3. 自己反応性物質の消化方法や火災予防方法とは?
  4. 自己反応性物質を取り扱える資格とは?
  5. 危険物取扱者の受験勉強のコツとは?
  6. おわりに

1.自己反応性物質とは?

自己反応性物質とは、分子中に酸素を含んでいて自己燃焼しやすい物質のことです。
ものが燃えるためには、「可燃性物質」「酸素供給源」「点火源」の3つが必要。
具体例をあげると、まきという可燃性物質を空気という酸素供給源がある場所に置いて、マッチやライターといった点火源で火をつければまきが燃えてたき火ができます。
自己反応性物質とは、ひとつの物質の中にまきに相当する可燃物質と、空気に相当する酸素供給源が入っているということ。
ですから、どこでも点火源があれば発火します。
点火源というと、マッチやライターといった火をつける道具をイメージする方が多いですが、

  • 摩擦(まさつ)
  • 直射日光
  • 衝撃
  • 加熱

といった刺激でも発火します。
ですから、熱源を遠ざけるのはもちろんのこと、通気性のよい冷暗所に保管しておかなくてはなりません。
自己反応性物質は固体と液体があり、保管方法が悪いと自然発火するものもあります。

2.自己反応性物質の種類とは?

では、自己反応性物質にはどのような種類があるのでしょうか?
この項では、特徴とともにご紹介します。

2-1.有機過酸化物

過酸化ベンゾイルなどです。
比重は1より重く、常温では安定していますが加熱や摩擦、光などで爆発するものもあります。
メチルケトンパーオキサイドのように、希釈しないと不安定なものもあるのです。

2-2.硝酸エステル類

ダイナマイトの原料であるニトログリセリンなど。
摩擦や打撃などで爆発することが多く、取り扱いは注意を要する物質が少なくありません。

2-3.ニトロン化合物

ピクリン酸などです。
爆発性の金属塩を作るものもあり、熱湯やベンゼン、アルコールによく溶けるものもあります。

2-4.そのほかの化合物

アゾ化合物やジアゾ化合物、ヒドラジン誘導体なども自己反応物質に分類されます。
さらに、政令によって定められている自己反応性物質もあるのです。
このあたりのことは危険物取扱者の参考書に書いてありますので、必要ならば確認しておきましょう。

3.自己反応性物質の消化方法や火災予防方法とは?

前述したように、自己反応性物質は点火源さえあれば発火します。
また、衝撃や摩擦で爆発するものも少なくありません。
ですから、取り扱う場合は消化方法や火災予防方法をしっかり知っておきましょう。
この項では、この2つの方法をご紹介します。

3-1.消化方法

自己反応性物質は、アジ化ナトリウムとそれ以外で消化方法が異なります。
アジ化ナトリウムの場合は乾燥砂による窒息消化を行ってください。
アジ化ナトリウムは燃焼すると自然発火性・禁水性の金属ナトリウムが生じます。
ですから、水や水系の消化剤は厳禁です。
アジ化ナトリウムを扱っている職場では乾燥砂を常備しておき、火災の際は必ずアジ化ナトリウムが燃焼していることを消防士に伝えましょう。
そのほかの自己反応性物質は、水や消火剤などによって冷却消火を行います。
アジ化ナトリウムとそのほかの自己反応性物質を同時に取り扱っている場所は、取扱場所や保管場所を離すなど工夫してください。

3-2.火災予防方法

自己反応性物質を保管する際は、火気厳禁です。
「火気厳禁」というプレートを必ず保管場所にかけておきましょう。
また、火気以外にも加熱や衝撃、摩擦を避けてください。
さらに、気化して引火する物質を保管する際は換気を十分に行います。
密栓すると分解が促進されるものや、乾燥すると爆発の危険が増すものは特に気をつけましょう。
確認を怠ると、知らない間に発火する可能性もあります。
保管の責任者になった場合は、必ず定期的に保管場所を確認してください。

4.自己反応性物質を取り扱える資格とは?

自己反応性物質は、危険物です。
ですから、取り扱うには危険物取扱者の資格が必要。
しかし、危険物取扱者であればよいというわけではありません。
この項では、自己反応性物質を取り扱える危険物取扱者の種類を説明します。

4-1.危険物取扱者・甲種

危険物取扱者には「甲種」「乙種」「丙種」の3種類があります。
そのうち甲種を取得すれば、消防法で定められている危険物をすべて取り扱えるでしょう。
ただし、甲種は乙種や丙種とは異なり、受験資格があります。
受験資格について詳しく知りたい方は、(財)消防試験研究センターのホームページを確認してください。

4-2.危険物取扱者・乙種5類

危険物は1類~6類に分類されています。
乙種は、自分が合格した類の危険物を取り扱えるのです。
自己反応物質は消防法により、危険物の第5類に分類されています。
ですから、乙種5類の資格を取得すれば、自己反応性物質を取り扱えるのです。
危険物乙種というと4類が有名でしょう。
でも、5類も取得していると何かと便利です。

5.危険物取扱者の受験勉強のコツとは?

危険物取扱者の資格は、学生のうちに取る方もいます。
しかし、社会人になってから仕事で必要になって取る方も多いでしょう。
ですから、仕事と受験勉強を両立させることが合格の秘けつです。
危険物取扱者の試験は、国家資格の中ではそれほど難易度が高くありません。
独学で勉強して合格される方も多いでしょう。
ですから、参考書選びと勉強時間の確保が合否を分けます。
本屋に行けば、たくさんの危険物取扱者の参考書が並んでいるでしょう。
内容をよく吟味して、自分に合った1冊を選んでください。
何冊も買いそろえるより、1冊をくり返し勉強した方が効果的です。
また、分からないところを質問したいという方は通信教育を利用するとよいでしょう。
最近はスマートフォンやタブレットで視聴できる講義式の参考DVDもあります。
これを利用すれば、重い本を持ち歩く必要もないでしょう。
まとまった勉強時間が取れないという方は、通勤時間や昼休みなど隙間時間を使って勉強していくよいですね。

6.おわりに

いかがでしたか?
今回は自己反応性物質の特徴や保管方法、消化方法などをご紹介しました。
まとめると

  • 自己反応性物質とは、分子内に酸素が含まれていて自己燃焼しやすい物質のこと
  • 自己反応性物質の中には、火の気がなくても摩擦や衝撃などで発火したり爆発したりするものもある
  • 保管は火気厳禁であり、通気性をよくしておく
  • 乾燥や気化にも気を配る

ということです。
火の気がなくても自然発火する物質は保管方法や取り扱いに神経を使います。
これを取り扱う危険物取扱者の資格保持者は、十分に気を配りましょう。
なお、危険物取扱者が監督していれば、無資格者でも自己反応性物質を取り扱えます。
その場合は、事前に自己反応性物質の危険性を十分に教えてから、取り扱わせてください。
ちょっとした摩擦や衝撃で爆発する自己反応性物質もありますから、不用意に取り扱うと危険です。
取り扱いを監督する場合は、できる限りその場にいて目を離さないように注意してください。