危険物の製造所にはどんな基準が設けられているの?

危険物とは、消防法で定められている「通常の状態で保管しておくと引火したり爆発したりする危険が高い物質」のことです。
ですから、一定量を超えた危険物を取り扱ったり保管したりする場合は、「危険物取扱者」の資格が必要。
では、危険物を扱う施設にはどのようなものがあるのでしょうか?
そこで、今回は危険物の製造所についてご説明します。
危険物の製造所にはどのような基準があるのでしょうか?
危険物取扱者の資格取得を目指している方は、ぜひこの記事を読んで勉強の参考にしてくださいね。

目次

  1. 危険物施設にはどのような種類があるの?
  2. 危険物製造所の基準とは?
  3. 危険物製造所の近くに住んでも大丈夫?
  4. 危険物取扱者の役割とは?
  5. おわりに

1.危険物施設にはどのような種類があるの?

危険物は保管や取り扱いを間違うと、火災や爆発を起こす危険があります。
しかし、その一方で我々の生活になくてはならないものも、たくさんあるのです。
そこで、まず始めに危険物施設の種類をご紹介します。
街中にも数多くあるのです。

1-1.危険物製造所

文字どおり、危険物を製造する場所のことです。
街中から遠く離れている場所にあるようなイメージがありますが、輸送の関係で街中にあることも珍しくありません。
一見すると危険物を製造しているように見えない施設もあります。

1-2.危険物貯蔵所

危険物を貯蔵してある場所のこと。
屋内、屋外、移動、地下といろいろなところに危険物は貯蔵されているのです。
「そんなに危険物を貯蔵する必要があるのか?」と思われるかもしれませんが、暖房のための燃料として灯油などの危険物を貯蔵してあるところはたくさんあります。
商業施設や旅館などにも危険物貯蔵所が備えてあるところは多いのです。
また、移動貯蔵所というのはタンクローリーのこと。街中をよく走っていますね。

1-3.危険物取扱所

危険物取扱所とは、ガソリンスタンドのような販売所やボイラー所を危険物取扱所といいます。
灯油の移動販売も危険物取扱所扱いになるのです。
よほど辺鄙(へんぴ)なところでなければ、ガソリンスタンドもなく灯油の移動販売車も回ってこないというところはないでしょう。
つまり、私たちのごく身近に危険物施設はたくさん存在しています。

2.危険物製造所の基準とは?

では、危険物製造所を造る際にはどのような基準があるのでしょうか?
この項では、製造所の基準の一部をご紹介します。

2-1.構造の基準

危険物製造所は、一般的な工場よりも厳しい決まりがあります。
屋根や壁などは、爆発で吹き飛んだり火災が燃え広がったりしにくいように不燃材料が使われているのです。
特に、屋根は万が一爆発事故が起こった場合、爆風が屋根を抜けて威力を殺すように軽金属など軽くて不燃性の材料で作られます。
さらに、床は危険物が浸透していかない構造にして、漏れた危険物がためられるように「ためます」を設置しなくてはなりません。
窓にも工夫が必要です。
網入りの火災に強く、爆風で吹っ飛んでしまった場合でも破片が飛び散らないものをしようしなくてはなりません。
さらに、空気より重い引火性の気体が地下にたまるのを避けるために、地階の製作は禁止されているのです。
既存の建物を改造して危険物製造所にしようとする場合、地階が合った場合は埋め立てる必要があります。

2-2.設備の基準

危険物製造所には、避雷針や、蒸気排出設備、採光設備などを備えておかなくてはなりません。
蒸気排出設備は製造している危険物の種類によっては、取りつけなくてもよい場合もあります。
しかし、避雷針や採光設備などはどの製造所にも必要でしょう。
万が一これらの設備が取りつけられておらず、火災や爆発事故が起こった場合は経営者が罪に問われることもあります。

2-3.配管の基準

危険物製造所に使う配管は、通常の家屋や工場などに使う配管とは異なり、最大常用圧力より1.5倍以上の圧力をかける水圧実験を行い、ろうえい等の異常がないか確認しなければなりません。
これは、万が一危険物が配管の中に入ってしまった場合に土中へしみだすのを防ぐためです。
さらに、爆発事故が起こった際に配管に被害がないように丈夫なものが必要。
配管だけは地上にも、地下にも設置することが可能ですが地震や風圧、地盤沈下で壊れないように支持物をコンクリートなど頑丈なものにしなくてはなりません。
また、地下に配置した場合も、定期的に点検できるようにしておかなくてはならないのです。

3.危険物製造所の近くに住んでも大丈夫?

日本では、危険物の取り扱いや保管は法律で厳重に定められています。
ですから、危険物製造所の近くに住んだからと行っても、爆発や火災の危険が跳ね上がるというわけではないのです。
しかし、地震や大規模火災、水害など災害が起こった際は被害が拡大するかもしれません。
危険物製造所の近くに住んでいて災害が起きた場合は、早めに避難をした方がよい場合もあります。

4.危険物取扱者の役割とは?

危険物取扱者は、危険物を取り扱ったり保管したり取扱者を監督したりすることができる資格です。
指定数量を超えた危険物を取り扱ったり、保存してあったりする施設では危険物取扱者の資格保持者がいなくてはなりません。
危険物取扱者の役割は危険物を保管したり取り扱ったりすることですが、危険物保安監督者に任命されると建物を管理する責任も負います。
危険物製造所は必ず危険物保安監督者が必要です。
この危険物保安監督者に任命された場合は、市町村への届け出も必要になります。
危険部巣保安監督者は建物の管理だけでなく、災害防止のために近隣の施設の責任者と連絡を取り合うなど、建物の安全にかかわることすべてを行うのです。
さらに、万が一火事になった場合は消防への連絡と、避難誘導も行わなければなりません。
危険物取扱者は、国家資格の中では比較的簡単に取れる資格であり資格取得者も大勢います。
しかし、取得しているとこのように責任ある立場を任されることも多いです。
この「危険物保安監督者」は危険物取扱者の資格を取得し、なおかつ6か月以上の実務経験がなければなれません。
ですから、危険物取扱者の資格は取得しておいて損はないでしょう。
乙種4類だけでなくそのほかの類も取っておけば就職の幅も広がります。

5.おわりに

いかがでしたか?今回は危険物製造所の構造の基準についてご説明しました。
まとめると

  • 危険物製造所とは危険物を作っている場所のこと。
  • 壁や屋根は不燃材料を使い、爆風を逃すような構造にしなくてはならない。
  • 地階は作ることができない、床や配管も危険物が滲出(しんしゅつ)しないように強度をあげておく。
  • 管理は危険物取扱者の資格を持つ機関物保安監督者が行う場合が多い。

ということです。
危険物に指定されている物質は意外と多く、中にはご家庭にあるものが指定されていることもあります。
少量では問題ないのですが、大量になると火災の危険性がアップするのですね。
ですから、危険物製造所は街中に普通に存在しています。
だからこそ、危険物の管理は耐雪なのですね。
危険物取扱者の資格取得者はこのような製造所にも必要。
ですから、資格を取得していれば就職や転職の幅も広がるでしょう。
乙種ならば経験や学歴は不問ですから、取れるときに取っておいて損はない資格です。