知っておきたい危険物の消火理論~危険物取扱者に必要不可欠な知識~

危険物にもさまざまな種類があります。
種類によって適切な消火をしなければ、さらに被害が大きくなるでしょう。
危険物取扱者試験を控えている人は、危険物の消火理論をきちんと把握しておかなければなりません。
そこで、危険物の消火理論や消火する際の注意点、消火器と消化剤について説明します。
危険物取扱者を目指して勉強している人は、ぜひチェックしてください。

目次

  1. 危険物の消火理論
  2. 消火する際の注意点
  3. 消火器と消化剤について
  4. まとめ

1.危険物の消火理論

危険物の消火理論には、「消火の3要素」があります。
消火の3要素は、必ず把握しておかなければなりません。
火を消すための大切な行動になるでしょう。消火の3要素について、詳しく説明しますね。
試験を控えている人は、要チェックです。

1-1.可燃物を取りのぞく「除去消火」

火は、燃えるものがなければ発生しません。
たとえば、家が燃えたとき、家財道具や木材などが可燃物となり、火災がさらにひどくなります。火災をできるだけ弱いうちに抑えるには、可燃物となるものを取りのぞかなければなりません。可燃物を取りのぞくことで消火する方法は、「除去消火」です。
ガスの元栓が火力を強くしているのであれば、ガスの供給を止める、ロウソクから出ている蒸気を取りのぞくなど、さまざまな例があります。
可燃物をスムーズに取りのぞけば、被害の広まりを抑えることができるのです。

1-2.酸素の供給を絶つ「窒息消火」

消火の3要素のうち、酸素の供給を絶つことで消化する方法が「窒息消火」です。
酸素は、火力を増す原因にもなります。
火力の原因となっている酸素の供給が止まると、消火しやすくなるでしょう。
窒息消火の方法は、危険物の種類によって異なります。
種類によっては、不燃性の泡を燃焼物にかける、粉末消化剤でおおう、二酸化炭素やハロゲン化物などのガスを利用するなど、さまざまな方法があるのです。
窒息消火にもさまざまな方法があることを、知っておきましょう。
窒息消火をイメージしやすいよう、アルコールランプを思い出してください。
アルコールランプの火を消すとき、ふたを閉めますよね。
アルコールランプと同じ消し方が、窒息消火になるのです。

1-3.点火源の熱を下げる「冷却消火」

燃焼物から出ている熱を発火点まで下げ、点火源の熱を奪う方法が「冷却消火」です。
熱が高くなればなるほど、燃焼が続いています。
燃焼を継続しないためにも、熱を下げなければなりません。
住宅街で発生する火災は、ほとんどが冷却消火になるでしょう。
普通の火災は、水で消火しますよね。
水を使って燃焼物や点火源の熱を下げ、奪う方法が「冷却消火」です。覚えておいてくださいね。
このように、除去消火・窒息消火・冷却消火が消火の3要素になります。
しかし、消火の3要素のほかにも「負触媒消火」と言う方法があるのです。
負触媒消火とは、燃焼の継続を防ぐ方法になります。負触媒作用のあるハロゲン化物を主に使うでしょう。
負触媒消火を入れて、消火の4要素と言われています。
3要素のほかにも、負触媒消火があることを知っておきましょう。

2.消火する際の注意点

2-1.火災の種類によって消火方法が異なる

危険物による火災が起きた場合、火災の原因や種類を把握しなければなりません。
火を消す消防士は、まず、何が燃えているのか知ることから消火を始めるのです。
火災の種類は、主に「A火災」「B火災」「C火災」の3つがあります。
それぞれ下の方に詳しく説明しているので、ぜひチェックしてください。

  • A火災・・・木材など、普通の可燃物による一般・普通火災
  • B火災・・・油や引火性液体などによる火災
  • C火災・・・電気設備が原因となっている火災

以上、3つの火災は、必ず頭の中に入れておいてください。
A火災は、木材などが可燃物になっています。
そのため、消火方法は「冷却消火」が一般的です。水以外にも、強化液や泡など使用します。
B火災は、「負触媒消火」や「窒息消火」になるでしょう。
油や引火性液体が原因になっているため、冷却消火は逆効果になります。
そして、C火災は、感電の影響がない消火方法になるでしょう。
泡や棒状の強化液などは、不向きです。
このように、火災の種類によって消火方法が異なりますよ。

2-2.いざというときの消火設備

危険物を取り扱っている場所や保管場所には、必ず「消火設備」を整えておかなければなりません。
いざというときのため、消火設備は必要不可欠です。
安心して危険物を扱うためにも、消火設備について把握しておきましょう。
消火設備は、主に第1種~第5種まであります。
それぞれ、取り扱う危険物や保管場所によって異なるため、要チェックです。
屋内・屋外消火設備は第1種、スプリンクラーは第2種、水蒸気や泡・二酸化炭素などを放射する設備が第3種、大型消火器が第4種、乾燥砂や小型消火器が第5種になります。

3.消火器と消化剤について

3-1.さまざまな種類の消火器

火災の種類によって、消火に使う消火器・消化剤が異なります。
ビルやオフィス内にあるのが、消火器です。身近な消火設備と言えるでしょう。
消火器にも、さまざまな種類があります。
大まかにわけると、「業務用消火器」と「住宅用消火器」があるでしょう。
業務用消火器には、強化液・自転車用・二酸化炭素・船舶用・水消火器・泡消火器・金属火災用・移動式粉末などがあります。
それぞれ場所によって、設置しなければならない消火器が異なるでしょう。
危険物取扱者は、危険物の種類に合った消火器を設置しなければなりません。

3-2.消火方法によって異なる消火剤

先ほど、A火災・B火災・C火災について説明しましたが、火災方法によって消火剤は異なります。
消火器と同じく、消火剤の種類も把握しなければなりません。
主な消火剤は、以下のとおりです。

  • A火災・・・水、強化液、泡消火剤、粉末消火剤(リン酸アンモニウム)
  • B火災・・・強化液(霧状放射)、泡消火剤、ハロゲン化物消火剤、二酸化炭素消火剤、粉末消火剤
  • C火災・・・水(霧状放射)、強化液(霧状放射)、ハロゲン化物消火剤、二酸化炭素消火剤、粉末消火剤

以上のようになります。
危険物の消火理論は、火災の種類に左右するでしょう。
消火剤や消火器はもちろん、火災の種類も把握しなければなりません。
危険物取扱者は、幅広い知識が必要になるでしょう。

4.まとめ

危険物の消火理論や消火する際の注意点、消火器と消火剤について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
危険物を取り扱う、保管している場所はたくさんあります。
危険物について詳しい「危険物取扱者」がきちんと管理をして、正しい方法で保管しなければなりません。
もし、火災が起きたとき、正しい火災理論を把握しておけばスムーズに消火できるでしょう。
危険物を正しく取り扱うためにも、身につけてほしい知識ばかりです。

  • 可燃物を取りのぞく「除去消火」
  • 酸素の供給を絶つ「窒息消火」
  • 点火源の熱を下げる「冷却消火」
  • 火災の種類によって消火方法が異なる
  • 消火設備を整える
  • さまざまな種類の消火器がある
  • 消火方法によって消火剤が異なる

以上のポイントは、ぜひチェックしてくださいね。
消火理論はもちろんのこと、火災の種類や消火剤・消火器の種類も把握しておきましょう。
危険物取扱者の試験にも必ず出てくるので、幅広い知識を習得してください。