消火器の種類や設置基準とは? 分かりやすくご説明します。

消火器は、初期消火で重要な役割を果たします。
また、不特定多数の人が集まる百貨店や飲食店などは、消火器を設置する義務があるのです。
しかし、消火器の種類はひとつではありません。
そこで、今回は消火器の種類と設置基準についてご説明します。
特定の危険物を扱っている施設では、設置する消火器も何か特別なものが必要なのでしょうか?
また、消火器を設置する際の注意点も一緒にご紹介します。
消火器について詳しく知りたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. 消火器とは?
  2. 消火器の種類とは?
  3. 消火器の設置基準とは?
  4. おわりに

1.消火器とは?

消火器とは、初期消火に使う持ち運び可能な消火器具全般を指します。
商業施設や病院、駅など不特定多数の人が利用する施設、バスや電車、船などの公共交通機関に設置が義務付けられているのです。
もちろん、危険物を取り扱っている施設にも設置は義務付けられています。
ところで、危険物取扱者の資格取得を目指している方ならごぞんじだと思いますが、危険物の中には消火に水が使えないものも少なくありません。
その中には「消火器を用いて窒息消火すること」と参考書に書いてある物質もあります。
では、消火器はいったいどのような仕組みで火を消すのでしょうか?
次の項では、消火器の種類についてご説明します。

2.消火器の種類とは?

この項では、消火器の種類についてご説明します。
火は基本的には水で消えますが、中には水をかけてはいけない物質もあるのです。

2-1.水消火器

現在では、あまり見られなくなった消火器です。
潤滑剤と圧縮された水が入っており、発射すると勢いよく水が噴き出します。
水は浸透性がありますから、ふとんのように種火が中でくすぶっている可能性があるものの消火に適しているのです。
また、粉状の消火剤がばらまかれる消火器より後片付けが楽、というメリットもあります。
しかし、一般家庭でも起こりがちな食用油から出火する火災や漏電による火災には使えません。
ですから、現在は消防訓練のときに使われることが多いそうです。

2-2.強化液消火器

炭酸カリウムの水溶液を利用した消火器です。
水消火器と同じように液体が噴出しますが、油火災にも使えます。
ですから、家庭用の消火器として販売されることも多いでしょう。
もちろん、ふとんなど内部に火が残りがちなものの消火にも使えます。
ただし、電気が原因の火災は水をかけると漏電や故障の原因になりますので使えません。
注意しましょう。

2-3.ハロン消火器

消火剤ハロン1301や2402を利用した消火器です。
ハロンが空気中の酸素濃度を低下させるので、「窒息消火」が行えます。
水をかけると燃え広がってしまう石油類や電気が原因の火災には絶大な効果を発揮するでしょう。
また、消火剤による汚染がほとんどないので、空気を入れ替えるだけで火災が起こった場所を元通りにすることが可能です。
ただし、ハロンは物質を冷却させる効果がほとんどありません。
ですから、油火災のように物質が高温になったことが原因で発火した場合は、酸素が供給されれば再び燃え上がってしまうでしょう。

2-4.二酸化炭素消火器

消火剤、ハロンの代わりに二酸化炭素が充てんされている消火器です。
こちらも窒息消火に使えます。
ただし、二酸化炭素を吸い込むと死亡する恐れもあるため、密閉された空間や地下室などでは使えません。

2-5.粉末消火器

現在最も普及している消火器です。
重炭酸ナトリウムまたはリン酸アンモニウムの消火剤を充てんしており、圧縮空気や窒素ガスで噴射する仕組みになっています。「消火器をまくと白い粉が出てきた」という場合は、この粉末消火剤なのです。
粉末状の消火剤をまくことで、酸素を遮断して火を消しますので、すべての火災に対して使えます。
しかし、表面しか消火剤をまけないので、ふとんのように内部に火種が残っている可能性があるものは、時間がたってから再燃するかもしれません。
また、粉末は風に乗ってまいやすいので視界が悪くなり、非難に支障が出る場合もあるでしょう。
ちなみに、ホテルや旅館のようにふとんが多数設置されている施設では、ふとんが火種になる可能性も十分にあります。
ですから、粉末消火器だけでなく強化液消火器の設置も義務付けられているのです。

3.消火器の設置基準とは?

では、消火器はどのような場所に設置しなければならないのでしょうか?
この項では、消火器の設置基準についてご説明します。

3-1.消火器を設置しなければならない場所とは?

消火器は、商業施設や映画館、特別養護老人ホームなど不特定多数が集まりやすい場所には、必ず設置しなければなりません。
その設置基準は延べ床面積で決められており、最も狭い場所で50㎡に1個、最も広い場所で400㎡に1個設置する必要があります。一般的に耐火設備がない場所ほど、消火器をたくさん置く必要があるのです。
また、危険物を扱っている場所や保管してある場所にも消火器は必要。
一般家庭には設置の義務はありませんが、キッチンや玄関などに1~2個設置しておくといざというときに安心です。

3-2.消火器を設置する高さとは?

消火器は、あまり高いところに設置してしまうといざというときに取れません。
また、消火活動の邪魔になることもあります。
ですから、消火器全体が床から1.5m以下に設置するように消火器と一目でわかるようにすることが、規定で定められているのです。
ですから、商業施設などでは「消火器」とプラカードを付けたものが一定間隔で置かれています。
自宅に消火器を置く場合も収納スペースの奥にしまいこんだりせずに、すぐに使える場所に置いておきましょう。

3-3.消火器の寿命とは?

今は火事の件数も少なくなり、出番がないまま寿命を迎える消火器もたくさんあります。
消火器の寿命は一般家庭用が5年、施設などで使われる消火器が8年です。
案外短いでしょう。
しかし、戸外に置いてあったりした場合はこれよりもさらに寿命が短くなる可能性があります。
また、底などが腐食している場合は、内部に圧縮されたガスが噴出して消火器がロケットのように飛んでいってしまうこともあるのです。
実際に、古い消火器を使おうとして爆発した事故も発生しています。
ですから、消火器はただ設置するだけでなく、定期的に点検して古くなったら交換しなくてはなりません。
ちなみに、消火器はゴミとして処分できないのです。
消火器を扱っている店舗で交換してもらうか、専門の業者に回収を依頼してください。

4.おわりに

いかがでしたか?
今回は、消火器の種類や設置基準についてご説明しました。
まとめると

  • 消火器には液体・粉末・気体を発射するものがある。
  • それぞれ使えない火災や場所があるので、設置する際は気を付ける。
  • 消火器の寿命は長くても8年なので、定期的に点検して交換する。

ということです。
消火器があれば火災がまだ小規模なうちに消せるというメリットがある一方で、使い方を間違えたり使ってはいけない消火器を使ったりすれば、かえって被害が拡大してしまうでしょう。
また、たとえ消火器で消し止められても火災が起きた場合は必ず消防に通報してください。
どこかに火種が残っていた場合は、時間をおいて再燃する場合があります。
また、消火器が古くなると爆発や内容物が漏れる危険があるのです。
安全管理者や危険物取扱者は、定期的に職場に設置されている消火器を確認しましょう。