「 危険物について 」一覧

危険物取扱者の資格を取得するうえで覚えておかなければならないのが「危険物取扱所」の種類と決まりごとです。そこで今回は、危険物取扱所について少しご紹介しましょう。意外にも私たちの身近な場所にもたくさん存在しているのです。危険物取扱者の資格を取ろうと勉強している方、資格に興味がある方はぜひ読んでみてくださいね。

  1. 危険物取扱所とは?
  2. 危険物取扱所の決まりごとの覚え方
  3. 危険物取扱所に関するよくある質問

続きを読む


今回は“毒劇法”の対象物質について説明していきたいと思います。毒劇法の正式名称は「毒物及び劇物取締法」です。人間の害となる毒物や劇物の取り締まりをおこなうことを目的とした法律となっています。製造から輸入・販売・取り扱いなど、多くの項目において取り調べ、規制をおこなっているのです。その対象となる毒物や劇物はどのようなものがあるのでしょうか? 詳しくみていきましょう。

  1. 毒劇法に関する基礎知識
  2. 毒劇物の対象となる物質は?
  3. 規制の種類
  4. 毒劇法に含まれない毒物・劇物
  5. 毒劇物に関するよくある質問

続きを読む


圧縮ガスや圧縮アセチレンガス、液化ガスが「高圧ガス」になります。
20℃、200kPa以上の圧力で容器に入れられているガスのことであり、非常に危険なものとなっているため、保存や取り扱いには十分に気をつけておかなければなりません。
高圧ガスを保存するために必要な“高圧ガス設備”について詳しく説明していきたいと思います。

続きを読む


「毒劇法」
あまり聞きなれない名前の法律かもしれませんね。しかしながら、毒劇法とは私たちの安全を守るためにある法律なんですよ。
毒劇法とはどのような法律なのか、あなたも知りたいと思っていませんか?
そこで本日は、毒激法とはどのような法律なのか3つのポイントを詳しく解説致しましょう。毒劇法を正しく理解するために是非お役立てください。

続きを読む


火災の初期消火に活躍する消火器。
一定の広さがある建物には設置義務がありますし、一般家庭でもいざという時のために設置しているというお宅もあるでしょう。
でも、この消火器が不要になった場合はどう処分したらよいのでしょうか?
今回はそれをご紹介しましょう。
不要になった消火器の処分に困っている、という方はぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


車の燃料として現代社会に欠かすことのできない「ガソリン」。ご存知の通り、ガソリンは火がつきやすい燃料です。取り扱いを間違えれば、瞬く間に火の海になってしまいます。保管するにも細心の注意を払っていかなければならないのです。

今回は、正しいガソリンの保管方法についてご紹介します。ガソリンを取り扱うことのある方は必ず確認してください。

  1. ガソリンを入れる容器はどれがいいの?
  2. どこに保管すればいいの?
  3. ガソリンを保管するときの注意点

続きを読む


灯油もガソリンも同じ原油から出来ているのに『何で車は灯油じゃ駄目なんだろう』と素朴な疑問を抱いた事はありませんか?
意外と多くの人が灯油や軽油、ガソリン等の違いがよく分かっていないようです。
そこで今回は灯油やガソリンなどの特徴などの説明と共に、違いを分かり易くご紹介いたします。

続きを読む


危険物取扱者が扱える危険物は、消防法によって定められた物質です。
またこれらは量によっては届け出が必要なものもあるのです。
それはいったい何でしょうか?そこで今回は消防法によって届け出が必要と定められている危険物についてご紹介しましょう。
危険物取扱者の資格を持っている方や資格取得を目指している方はぜひ読んでみてください。

続きを読む


ここ数年、日本の気候は変化の傾向にあり、本来暖かい地域でもエアコンの暖房だけでは足りずに灯油を使うヒーターを購入された家庭も多いでしょう。
そこで今回は、灯油の管理方法についてご紹介します。

続きを読む


ガソリン危険物と聞くと石油やガスなどを思い浮かべるかもしれません。
確かにそれらは危険物です。
しかし、あなたが普段自宅で何気なく使っているもの。
こうしたものの中にも実は危険物と言えるようなものが潜んでいます。
どのような物があると思いますか?
この記事では、一般家庭に普通にある危険物についてご紹介します。
家庭にある危険物についてよく知り、正しい方法で取り扱うようにしましょう。

続きを読む