「 危険物取扱者の業務内容 」一覧

危険物取扱者とは、消防法で指定されている「危険物」の取り扱いや保安監督業務ができる資格です。ガソリンや灯油など私たちの生活になくてはならない物質も危険物に指定されているため、有資格者を求めている職場は皆さんが考えているよりもたくさんあります。また、受験資格が定められていないので、誰でも受験することが可能です。今まで全く危険物と無縁の仕事をしてきた方が、取得にチャレンジするケースも珍しくありません。

そこで、今回は危険物取扱者の需要や求人についてご紹介しましょう。

  1. 危険物取扱者について
  2. 危険物取扱者の需要について
  3. 危険物取扱者の資格を効率よく取得する方法
  4. 危険物取扱者の需要や求人に対するよくある質問

危険物取扱者にはどのような需要があるの? 求人や仕事内容とは?

この記事を読めば、危険物取扱者を求める職場についてもよく分かりますよ。危険物取扱者の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


危険物保安監督者とは、危険物の取扱作業において保安の監督業務を行う者のことをいいます。消防法で特定の施設に選任が義務づけられており、危険物施設保安員を支持して危険物の製造所や貯蔵所の安全点検なども行うことが可能です。危険物取扱者の資格を取得した後に、危険物保安監督者を目指して実務経験を積む方も多いことでしょう。

そこで、今回は危険物保安監督者の届出義務や選任義務について解説します。

  1. 危険物って何?
  2. 危険物保安監督者について
  3. ​危険物保安監督者の選任と届出について
  4. 危険物取扱者を取得する方法について
  5. 危険物保安監督者に関するよくある質問

この記事を読めば、危険物保安監督者になる方法もよく分かることでしょう。危険物取扱者の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


消火器とは、火災が燃え広がる前の段階の消火活動に利用される簡易的な消防設備です。避難訓練などで使ったことがある方も多いことでしょう。消火器は火災の危険がある工場などの他、不特定多数の人が利用する建物でも設置が義務づけられています。

今回は、消火器の設置基準について解説しましょう。

  1. 消火器に関する基礎知識
  2. 消火器の設置基準について
  3. 消火器の設置・整備・点検が行える資格について
  4. 消火設備の設置基準に関するよくある質問

この記事を読めば、消防設備の設置基準についての知識も増えます。消防設備士の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


タンクローリーは石油・ガスなどの移送に用いられますが、危険物を運ぶ際は注意しなければなりません。法律に基づいて運ばなければ違反となり、また、火災や事故などのトラブルに発展する恐れがあります。そのため、タンクローリーや危険物について詳しく把握することが大切です。

そこで、本記事では、タンクローリーの基礎知識・危険物取扱者の資格について詳しく説明します。

  1. 危険物取扱者とタンクローリーについて
  2. 危険物とタンクローリーについて
  3. 危険物取扱者の資格について
  4. 危険物取扱者とタンクローリーに関してよくある質問

この記事を読むことで、危険物取扱者の資格を取得するための情報やタンクローリーの詳細を知ることができます。危険物取扱者とタンクローリーについて知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

続きを読む


危険物取扱者として働くなら、危険物施設保安員という仕事についても知っておく必要があるでしょう。
危険物を取り扱う職場で仕事をするうえで、さまざまな資格が必要になります。
危険物施設保安員もその1つ。

  • 危険物施設保安員とはどのような資格なのか
  • 危険物施設保安員になるためにはどうしたらいいのか
  • 主な業務にはどのようなものがあるのか知りたい

そんな人たちのために、危険物施設保安員という仕事についてまとめてみたいと思います。

  1. 危険物施設保安員とは
  2. 必要な資格や選任について
  3. 主な業務
  4. 危険物施設保安員になるための勉強について
  5. まとめ

続きを読む


危険物取扱者の中で、最も人気があるのが乙種4類、通称乙4です。
この資格を取得すれば第4類危険物に指定されている可燃性液体を扱えます。
この第4類危険物を保管したり取り扱ったりする施設に必要なのが、危険物保安統括管理者です。
今回は、この危険物保安統括管理者の役割についてご説明します。
この役職に就くには、危険物取扱者の資格は必要なのでしょうか?
また、危険物保安統括管理者が必要な施設の条件についてもご紹介します。
危険物取扱者の資格取得を目指している方は、ぜひ参考にしてください。

目次

  1. 危険物保安統括管理者とは?
  2. 危険物保安統括管理者を選任するまでの流れとは?
  3. なぜ、第4類危険物の施設だけ危険物保安統括管理者が必要なのか?
  4. おわりに

続きを読む


普段何気なく使っている火ですが、どんな原理で発生しているのか知っている人は多くありません。また、燃焼に種類があることも知られていないようです。

そこで、今回は燃焼の原理や種類を中心にご紹介していきます。ぜひ、最後までお付き合いくださいね。

目次

  1. 燃焼について
  2. 燃焼の4要素について
  3. 燃焼の種類
  4. 燃焼がしやすくなる条件
  5. 発火点・引火点の違い

続きを読む


「屋内タンク貯蔵所」という単語。非常に聞き慣れない言葉ですが、危険物取扱者を目指す中では避けて通れないキーワード。今回はそんな「屋内タンク貯蔵所」の紹介をしていきましょう。

目次

  • 屋内タンク貯蔵所とは
  • 屋内タンク貯蔵所の基準
  • 屋内タンク貯蔵所の定期点検について
  • 危険物に付き物「保安距離と保有空地」
  • まとめ

続きを読む


私たちにとって最も身近な危険物のひとつ、ガソリン。では、ガソリンと石油の違いは何でしょうか?

そこで今回は、ガソリンと石油の違いについてご紹介します。また、灯油や重油、軽油などとの違いもご説明しましょう。危険物乙種4類(通称乙4)の取得を目指す方だけでなく、家に車や石油ストーブがある方も知っておいた方が良い情報ばかりです。石油は私たちの身近にあるものですが、その危険性やそれぞれの特徴は案外知られていません。

ぜひ、この記事を読んで最も身近な危険物のことを知ってください。

  1. 石油は総称?
  2. ガソリンの特徴は?
  3. ガソリンの種類は?
  4. ガソリンを取り扱う際の注意点

続きを読む


危険物とは、消防法で定められた通常の状態で放置すると、火災や爆発の危険が高い物質を指します。そんな危険物を一定以上保管している特定の施設は、「予防規定」を定めなければなりません。ではいったいどのような危険物施設に予防規定を設けなければならないのでしょうか?

そこで今回は、消防法における予防規定についてご説明します。危険物の保管法や運搬法は消防法で厳しく定められていますが、それ以外に守ることはあるのでしょうか?

  1. 予防規定とは?
  2. 予防規定で定めなければいけないことは?
  3. 予防規制を制定する流れは?
  4. 予防規定を定める際の注意点
  5. おわりに

続きを読む