「 危険物取扱者の業務内容 」一覧

労働者が安全に働くことができるように欠かせないことが、特定化学物質の作業環境測定です。
特定科学物質は労働安全衛生法で定められており、労働者に対して悪影響・健康状態を阻害させる物質と認定されています。
特定化学物質の作業鑑定測定とはどのような内容となっているのか、詳しく説明していきましょう。

続きを読む


危険物取扱者の資格をもち、危険物取扱の作業に従事している方は法令に基づいて定期的に講習を受けなくてはいけません。
危険物保安講習とはどのようなことをするのでしょうか? また、どこで受けることができるのでしょうか。
今回はそれらのことについてご紹介します。危険物取扱者の資格を持っている方や、受験を使用と思っている方はぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


危険物施設と認定されているところはすべて1年に1回以上の定期点検が決められています。
安心して人々が生活するためにも点検は欠かせないことです。
もしこの決まりをやぶってしまえば消防法に違反していることになります。
危険物施設とはどのようなところが当てはまるのか、また定期点検とはどのようになっているのか詳しくチェックしていきましょう。
危険物施設を扱っている人は必ず把握しておかなければなりません。

続きを読む


「就職や転職に取っておけば有利になる」と人気が高い資格「危険物取扱者」。しかし、「どんな職種で活躍しているの?」と聞かれればはっきりと答えられない方も多いのではないでしょうか。

そこで、危険物取扱者が活躍できる職場をご紹介します。

  1. 危険物取扱者とは?
  2. 危険物取扱者が重宝される職場は?

続きを読む