「 危険物取扱者試験対策 」一覧

「危険物指定数量って何?」
あなたもこのような疑問を持っていますか?
危険物指定数量というのは消防法で定められた危険物の保管量のことです。
この指定数量を超えて危険物を保管する場合は消防長や消防署長の承認を得る必要があります。
しかし期間は10日以内までで、それ以上の期間保管すると罰則の対象になります。
危険物が二種類ある時にはどうすればいいのでしょうか?
その場合はそれぞれの危険物の指定数量の倍数を求めましょう。
求め方は、『指定数量÷危険物の量』です。
二種類の危険物それぞれでこの計算を行ない、出た値を足します。
その時に数値が1以上になる場合は指定数量を超える危険物があるとみなされて消防法の適用を受けることになるでしょう。
危険物の指定数量は危険な物程少なくなります。
指定数量の少ない物は危険な物質だということを覚えておきましょう。
ではそれぞれの危険物の指定数量はどれくらいなのでしょうか?
この記事では危険物の指定数量を具体的にご紹介します。
危険物の指定数量に関する問題は危険物取扱者の試験によく出ますので、しっかり覚えておきましょう。

続きを読む


就職前のアピールポイントにするために資格を取得する人は多いですよね。
資格には色々ありますが、中でも「危険物取扱者」は人気のある資格のひとつです。
あなたも危険物取扱者の資格を取りたいと思っていますか?
危険物取扱者の資格は甲種、乙種、丙種の3つに分けられています。
中でも人気があるのは、すべての危険物を取り扱うことができる甲種、ガソリンや灯油、植物油の運搬、取扱いができる乙種4類ですが、これらは合格率が35〜40%程の資格です。
国家試験の合格率としては高い方ですよね。
簡単に合格するように思えますか?
実は、一見簡単そうに見えても、ポイントを押さえて勉強していないと合格は難しい、というのがこの資格の特徴なのです。
そこで今回は、危険物取扱者の資格に合格するための勉強方法をご紹介致します。

続きを読む


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?