アクリル酸は危険物として指定されています。そのため、危険物取扱者の試験のために、アクリル酸の保管方法や取り扱い方法の詳細を知っておかなければいけません。情報を記憶するだけではなく、アクリル酸の性質と実際の使用環境を知っておくなら、イメージしやすく理解も深まるでしょう。

それでは、アクリル酸の性質と取り扱い方についてご説明します。

  1. アクリル酸の性質
  2. アクリル酸の危険性
  3. アクリル酸の取り扱い・保管方法
  4. アクリル酸に関するよくある質問

続きを読む


りんは、古くから私たちの身の回りで着火剤などに使われてきた物質です。
りんは元素ですが、同素体がいくつかあるため、黄りんや黒りんなどの種類があります。
そこで、今回は赤りんの性質や危険物としての取り扱い方をご紹介しましょう。
危険物にしていされているりんは、ほかに黄りんがあります。
このふたつの違いもご紹介しましょう。
危険物取扱者の資格を取得したいという方や職場で赤りんを取り扱っているという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 赤りんの性質や特徴とは?
  2. 黄りんとは何が違うの?
  3. 赤りんの取り扱い方と消火方法とは?
  4. ご家庭にある赤りんの保管方法と注意点
  5. おわりに

続きを読む


「リチウム」は第3類危険物の1つです。
私たちのまわりにはさまざまな危険物があります。
危険物取扱者はありとあらゆる危険物の特徴を把握しておかなければなりません。
そこで、危険物の1つである「リチウム」の性質や危険性、絶縁油の取り扱い・保管方法について説明します。
リチウムの性質について知りたい、危険物取扱者資格取得のために勉強している人はぜひ参考にしてください。

  1. リチウムの性質
  2. リチウムの危険性
  3. 絶縁油の取り扱い・保管方法
  4. まとめ

続きを読む


潤滑油とは、機械の歯車などをよりスムーズに動かすために使われる油の一種です。
自動車に使われるエンジンオイルも、潤滑油の一種になります。
今回は、潤滑油の種類や危険物としての取り扱い方をご紹介しましょう。
「油」がついていることからも分かるように、潤滑油も可燃性や引火性があります。
ですから、大量に保管したり取り扱ったりする場合は注意が必要です。
また、少量でも扱い方が悪ければ火災の原因になることもあるでしょう。
この記事を読んで取り扱い方の参考にしてください。

  1. 潤滑油の役割や種類とは?
  2. 潤滑油の危険性とは?
  3. 潤滑油の保管方法や取り扱い方法とは
  4. おわりに

続きを読む


引火性固体とは、文字どおり火がつきやすい固体のことです。
同じように危険物に指定されている引火性液体よりはマイナーな存在ですが、私たちの身の回りにもたくさんあります。
そこで、今回は引火性固体の定義についてご紹介しましょう。
特に、危険物取扱者の乙種を複数受ける方や、甲種を受験する方は定義をしっかりと把握しておかないと、混乱することもあります。
また、指定数量未満の引火性固体でも取り扱いには十分な注意が必要です。
危険物取扱者の資格を取りたい方などは、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 引火性固体の定義とは?
  2. 引火性固体に指定されている物質の特徴とは?
  3. 引火性固体を運搬するときの注意点
  4. おわりに

続きを読む


絶縁油とは、液状の絶縁材料のひとつです。
絶縁体というとゴムのような固体がメジャーですが、変圧器の中など多くの電気機器の絶縁材料として用いられています。
今回は、この絶縁油の性質や種類についてご紹介しましょう。
また、絶縁油はオイルの一種ですから可燃性です。
では、絶縁油を使った電気機器は危険物に該当するのでしょうか?
このあたりも今回はご説明していきます。
電気にたずさわる仕事をしている方や危険物取扱者の資格を取得したい方は、必見ですよ。

  1. 絶縁油の性質とは?
  2. 絶縁油の種類とは?
  3. 絶縁油は危険物?
  4. 絶縁油は劣化する?
  5. 絶縁油の管理
  6. ​絶縁油の交換は素人でもできるの?
  7. おわりに

続きを読む


アルミニウムにアルキル基が混ざっている物質を「有機アルミニウム化合物」と言います。
アルキルアルミニウムは危険物の1つです。
これから、アルキルアルミニウムの特徴や性質、用途、取り扱い方、注意点について説明します。
アルキルアルミニウムについて知りたい人、危険物取扱者資格取得のために勉強している人は、ぜひ参考にしてください。

  1. アルキルアルミニウムの特徴・性質・用途
  2. アルキルアルミニウムの取り扱い方
  3. アルキルアルミニウムの注意点
  4. まとめ

続きを読む


危険物とは、消防法で指定されている保存や保管の仕方が悪いと発火や爆発の危険がある物質です。
今回ご紹介するヒドロキシルアミンは、危険物第5類に指定されている物質になります。
この物質が危険物に指定されたのは15年ほど前のこと。
いったいどのような性質があるのでしょうか?
保管方法や取り扱う際の注意点とともにご紹介しましょう。
危険物取扱者の資格取得を目指している方だけでなく、長年ヒドロキシルアミンを取り扱ってきた会社の方も必見ですよ。

  1. ヒドロキシルアミンの性質とは?
  2. ヒドロキシルアミンが危険物になった経緯とは?
  3. ヒドロキシルアミンの保管方法や消火方法の注意点とは?
  4. ヒドロキシルアミン水溶液は安全?
  5. 従業員の安全意識を高めよう
  6. おわりに

続きを読む


危険物取扱者の試験にて出題されるアセトアルデヒド。アセトアルデヒドは、目立った特徴・性質が多い上に危険物としても知られています。そのため、しっかり性質を押さえておく必要があるのです。
この記事では、アセトアルデヒドの性質についてまとめました。

  1. アセトアルデヒドとは
  2. アセトアルデヒドの取り扱い方
  3. アセトアルデヒドの危険性
  4. まとめ

続きを読む


私たちのまわりにはさまざまな「物質」が存在しています。「炎色反応」とは物質が炎に触れるとき起こる現象のことです。物質の中には危険なものもあるので注意しなければなりません。これから、炎色反応の原理や緑・青・オレンジなど色の種類、特徴について詳しく説明しましょう。

危険物取扱者の資格勉強をしている人はぜひ参考にしてください。

  1. 炎色反応とは?
  2. 炎色反応の色の種類
  3. 身近にある炎色反応

続きを読む