転職や就職に有利なようにと資格を取得する方は、年々増えているそうです。
世の中にはたくさんの資格がありますが、その中でも危険物取扱者は人気があります。
危険物取扱者は乙種4類、通称乙4が有名ですが、そのほかにも種類があるのです。
そこで、今回は危険物取扱者の種類についてご紹介します。
誰でも受験できるイメージがある危険物取扱者ですが、種類によっては受験資格が必要なものもあるのです。
危険物取扱者の資格取得を考えている方は、ぜひこの記事を読んで参考にしてくださいね。

  1. 危険物取扱者とはどんな資格?
  2. 乙4が危険物取扱者の代表格な理由とは?
  3. 危険物取扱者の種類とは?
  4. 危険物取扱者はどれを取得すればいいの?
  5. 危険物取扱者の難易度はどのくらいなの?
  6. おわりに

続きを読む


安心した生活を送るためにも火災をいち早く教える「自動火災報知設備」はとても大切です。
火災をいち早く知ることで、火災による被害をできるだけ防ぐことができます。
そこで、自動火災報知設備にはどんな種類があるのか、設置義務・基準について詳しく説明します。

  1. 自動火災報知設備とは
  2. 感知器・受信機の種類
  3. 知っておきたい設置義務・基準
  4. まとめ

続きを読む


危険物取扱者の資格取得のために勉強していると、「熱膨張」という言葉をよく目にすると思います。
熱膨張は、私たちの身の回りでよく発生している現象でもあるのです。
危険物も熱膨張を起こすものがあるため、保管には気をつけなければなりません。
そこで、今回は熱膨張の原理やそれによって起こる現象などをご紹介しましょう。
熱膨張というと、気体というイメージを持っている方もいるかもしれません。
しかし、熱膨張はどんな物質でも起こるのです。
興味のある方や危険物取扱者の資格取得を目指している方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. 熱膨張の原理とは?
  2. 熱膨張で起きる現象とは?
  3. 物質の状態による膨張の違いとは?
  4. 危険物取扱者の試験で出題される熱膨張に関する問題とは?
  5. 熱膨張を防ぐための危険物保管の方法とは?
  6. おわりに

続きを読む


冬になると、暖房器具の出番です。灯油を利用したストーブやファンヒーターもその1つ。ところで、買い置きした灯油の保管、あなたはどうされていますか?

保管の仕方によっては早く変質してしまい、異常燃焼や機器の故障の原因になるといわれてきました。正しい保管方法を知って、上手に使いながら冬の寒さを乗り切ってください。

  1. 灯油の使用期限
  2. 灯油の保管方法
  3. 保管するうえでの注意点
  4. 灯油の知識を深めておこう

続きを読む


現在、世界的に高騰を続けている原油価格。
燃料価格の高騰は事業主にとって大きな負担となり、その問題は世界的に問題となっているのです。
そこで、注目したいのが「エマルジョン燃料」について。
従来の燃料に水を混ぜたものであり、これまでと同等の燃焼効率を持っています。

  • エマルジョン燃料の特徴を知りたい
  • どのような使い道があるのか?
  • メリットとデメリットは?

そんな人たちのために、エマルジョン燃料に関する情報をまとめてみたいと思います。

目次

  1. エマルジョン燃料とは
  2. エマルジョン燃料の特徴
  3. エマルジョン燃料の用途
  4. まとめ

続きを読む


火災が起きたとき、命を守るための役割を果たすのが「スプリンクラー」です。
実際、スプリンクラーが作動しなかったせいで亡くなるケースもあります。
とても大切な設備だからこそ、しっかり把握しなければなりません。
そこで、スプリンクラー設備の種類や仕組み、設置義務について詳しく説明します。
ぜひ危険物を取り扱う人はチェックしてくださいね。

目次

  1. スプリンクラー設備の種類
  2. スプリンクラー設備の仕組み
  3. スプリンクラーの設備義務
  4. まとめ

続きを読む


危険物を取り扱ったり保管していたりする場所で、最も気をつけなければならないのが火災です。危険物の中には火をつけると激しく燃えたり爆発したりするものも少なくないため、万が一火災が起きたらすぐに消火や避難しなければなりません。特に怖いのが、フラッシュオーバーです。

そこで、今回は火災が起きたときに発生するフラッシュオーバーの仕組みと、その対策方法をご紹介しましょう。危険物取扱者の資格保持者の方や実際に危険物を取り扱っている職場に勤めている方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. フラッシュオーバーって何?
  2. フラッシュオーバーはなぜ起こるの?
  3. フラッシュオーバーの危険性とは?
  4. 危険物から発火した場合は被害拡大の恐れも
  5. フラッシュオーバー現象を防ぐための対策は?
  6. おわりに

続きを読む


秋が深まるにつれて、空気も乾燥してきます。
湿度が低くなるほど発生しやすいのが静電気。
冬になると不快感が怖くてドアノブにも触れない、という方もいると思います。
ではなぜ、湿度が低くなると静電気が発生しやすくなるのでしょうか?
そこで、今回は湿度と静電気の関係をご説明します。
一口に湿度と言ってもいろいろな種類があるのです。
今回は、湿度の種類についてもご紹介しましょう。
危険物を管理する上で、静電気の防止はとても大切です。
危険物取扱者の資格を持っている方や資格取得のために勉強中の方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. 湿度とは?
  2. 静電気とは?
  3. 静電気と湿度の関係
  4. 静電気と危険物の関係
  5. 静電気を除去するにはどうしたらいいの?
  6. 静電気をためやすい服装、ためにくい服装とは?
  7. おわりに

続きを読む


ニトログリセリンは映画や小説などにも登場する知名度の高い危険物です。
また、ダイナマイトの原料であると同時に狭心症の薬にもなる珍しいものでもあります。
今回は、このニトログリセリンの特徴や性質をご紹介しましょう。
ニトログリセリンは危険物第5類に分類されていますが、どのような保管方法や消火方法があるのかもご紹介します。
また、ニトログリセリンのほかにニトロ化合物というものも同じ第5類に分類されていますが、このふたつの違いについてもご紹介しましょう。
危険物取扱者の資格取得を目指している方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. ニトログリセリンとは?
  2. ニトログリセリンの性質や特徴とは?
  3. 製品化されたグリセリンを取り扱う際の注意点
  4. 危険物第5類の特徴とは?
  5. おわりに

続きを読む


10年ほど前から東京や大阪などの都市部を中心に再開発が進み、新しい高層ビルが次々とオープンしています。
限られた土地を有効活用するには、ビルは大変効果的な建物です。
しかし、火災をはじめとする災害が発生すると大きな被害が出やすいでしょう。
そこで、今回はビルに必要な防災設備をご紹介します。
ビルに火災が起こるとどのような問題があるのでしょうか?
また、いざ災害が起きたときにどうすればよいのか、ということもご紹介します。
ビルのオーナーの方や建築物環境衛生管理技術者の方は、ぜひこの記事を読んで防災の参考にしてください。

目次

  1. ビルで災害に遭遇する怖さとは?
  2. ビルに必要な防災設備とは?
  3. 防災設備は備えるだけでは不十分?
  4. 防災設備をむだにしないためにしておくべきこととは?
  5. おわりに

続きを読む