ここ数年、日本の気候は変化の傾向にあり、本来暖かい地域でもエアコンの暖房だけでは足りずに灯油を使うヒーターを購入された家庭も多いでしょう。
そこで今回は、灯油の管理方法についてご紹介します。

続きを読む


「危険物施設とは何ですか?」
この質問は、危険物の試験によく出てきます。正しく答えることができますか?
「危険物施設」というのは危険物を取り扱う・貯蔵する施設のことです。製油工場・油の保管庫・ガソリンスタンド等の施設は全て危険物施設になりますよ。
危険物施設は3つのカテゴリに分けられています。それは、

  • 危険物の製造所
  • 危険物の貯蔵所
  • 危険物の取扱所

です。これも試験によく出る問題なのでしっかり押さえておきましょう。
この3つのカテゴリ。更に細かく分けられます。そしてその全てを覚えておく必要がありますよ。
そこで本日は、危険物施設に含まれる3つの施設について詳しくご説明致しましょう。危険物の試験勉強に是非お役立てください。

続きを読む


ガソリンや石油、化学工場など危険物を取り扱う仕事には“危険物取扱者”が必要になります。危険物取扱者は様々なジャンルの仕事で活用できる非常に人気のある資格の一つです。
危険物取扱者には甲種、乙種という種類があり、それぞれ取扱可能な危険物の種類が異なります。
危険物取扱者の取得方法について紹介します。

続きを読む


取得したい資格の上位に常にランクインしている危険物取扱者。この資格には甲種乙種丙種の3種類がありますが、すべての危険物を取り扱える甲種の合格率はどのくらいなのでしょうか。一番人気の高い乙四種と同じくらいの合格率といわれていますが、実は甲種の合格率は乙種と単純に比較することはできないのです。

そこで今回は、甲種の合格率や取得のためのコツなどをご紹介しましょう。甲種危険物取扱者資格の取得を目指している方はぜひご一読ください。

続きを読む


「危険物指定数量って何?」
あなたもこのような疑問を持っていますか?
危険物指定数量というのは消防法で定められた危険物の保管量のことです。
この指定数量を超えて危険物を保管する場合は消防長や消防署長の承認を得る必要があります。
しかし期間は10日以内までで、それ以上の期間保管すると罰則の対象になります。
危険物が二種類ある時にはどうすればいいのでしょうか?
その場合はそれぞれの危険物の指定数量の倍数を求めましょう。
求め方は、『指定数量÷危険物の量』です。
二種類の危険物それぞれでこの計算を行ない、出た値を足します。
その時に数値が1以上になる場合は指定数量を超える危険物があるとみなされて消防法の適用を受けることになるでしょう。
危険物の指定数量は危険な物程少なくなります。
指定数量の少ない物は危険な物質だということを覚えておきましょう。
ではそれぞれの危険物の指定数量はどれくらいなのでしょうか?
この記事では危険物の指定数量を具体的にご紹介します。
危険物の指定数量に関する問題は危険物取扱者の試験によく出ますので、しっかり覚えておきましょう。

続きを読む


ガソリン危険物と聞くと石油やガスなどを思い浮かべるかもしれません。
確かにそれらは危険物です。
しかし、あなたが普段自宅で何気なく使っているもの。
こうしたものの中にも実は危険物と言えるようなものが潜んでいます。
どのような物があると思いますか?
この記事では、一般家庭に普通にある危険物についてご紹介します。
家庭にある危険物についてよく知り、正しい方法で取り扱うようにしましょう。

続きを読む


「将来に備えて何か資格を取ろうかな」と思う社会人や学生に人気が高い「危険物取扱者」。
では、危険物取扱者の資格を取ると一体どのようなメリットがあるのでしょうか?

続きを読む


就職前のアピールポイントにするために資格を取得する人は多いですよね。
資格には色々ありますが、中でも「危険物取扱者」は人気のある資格のひとつです。
あなたも危険物取扱者の資格を取りたいと思っていますか?
危険物取扱者の資格は甲種、乙種、丙種の3つに分けられています。
中でも人気があるのは、すべての危険物を取り扱うことができる甲種、ガソリンや灯油、植物油の運搬、取扱いができる乙種4類ですが、これらは合格率が35〜40%程の資格です。
国家試験の合格率としては高い方ですよね。
簡単に合格するように思えますか?
実は、一見簡単そうに見えても、ポイントを押さえて勉強していないと合格は難しい、というのがこの資格の特徴なのです。
そこで今回は、危険物取扱者の資格に合格するための勉強方法をご紹介致します。

続きを読む


毎年多くの人が受験をする人気資格のひとつ、危険物取扱者。でも、「ガソリンスタンドで働くときに必要」ということくらいしか知らない方が多いのではないでしょうか。そこで今回は、危険物取扱者資格の種類と役割を簡単にご紹介しましょう。

  1. 危険物取扱者とは?
  2. 危険物取扱者の種類は?
  3. 試験日と試験会場は?
  4. なぜ乙種4類の人気は高いのか?
  5. 危険物取扱者試験の勉強方法は?

続きを読む


「就職や転職に取っておけば有利になる」と人気が高い資格「危険物取扱者」。しかし、「どんな職種で活躍しているの?」と聞かれればはっきりと答えられない方も多いのではないでしょうか。そこで、危険物取扱者が活躍できる職場をご紹介しましょう。

  1. 危険物取扱者とは?
  2. 危険物取扱者が重宝される職場は?

続きを読む