危険物取扱者の丙種を取得したい! 確実に合格できる方法は?

危険物取扱者は、学生だけでなく社会人にも人気の資格です。甲種・乙種・丙種の3種類があり、最も人気があるのは乙種4類、通称乙4ですが、丙種もこの資格に初挑戦する方の腕試しとして人気があります。

そこで今回は、危険物取扱者丙種の難易度や合格率、さらに効率のよい勉強方法などをご紹介しましょう。

  1. 危険物取扱者丙種という資格について
  2. 丙種を取得する意味
  3. 危険物取扱者丙種を取得する方法
  4. 危険物取扱者丙種に一発合格するための勉強法
  5. 危険物取扱者丙種についてよくある質問

危険物取扱者の試験にチャレンジする方の多くが乙種か甲種を選択します。しかし、丙種も持っておけば役に立つことも多いでしょう。この記事を読めば丙種を取得するメリットや、資格取得をしてできること、できないこと。さらに、ステップアップの方法なども分かります。これから丙種を受験したいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

1.危険物取扱者丙種という資格について

始めに、危険物取扱者という資格。その中でも丙種の位置づけについてご紹介します。いったいどんな危険物を取り扱えるのでしょうか?

1-1.危険物取扱者とはどんな資格?

危険物取扱者とは、消防法で定められた危険物を取り扱ったり無資格者が取り扱うときに立ち合いができたりする資格です。ちなみに、どんなに少量でも危険物を取り扱う際には資格が必要、というわけではありません。私たちの生活になくてはならない灯油・ガソリン・軽油・植物油なども消防法上は危険物に該当します。

危険物にはそれぞれ「指定数量」というものがあり、それを超えた危険物を保管したり取り扱ったりするところで、危険物取扱者の選任が必要なのです。なお、指定数量以下でも自治体によっては条例により、保管方法や取り扱い方に制限があるところも少なくありません。

1-2.危険物取扱者の資格の種類とは?

危険物取扱者には、甲種・乙種・丙種の3種類があります。甲種を取得するとすべての危険物が取り扱えるようになるのです。また、一定の実務経験を積めば「危険物保安監督者」という立場になることも可能。どんな危険物でも扱えますので、就業場所もたくさんあり転職にも便利です。ただし、危険物取扱者の中で唯一、大学で化学を専攻とする学科で単位を取得しなければならない、といった受験資格があります。

また、乙種を複数取得しても受験資格が得られるので、学歴がない方はそちらで受験資格を取得しましょう。乙種は、取得した類の危険物を取り扱えます。危険物の中で最も人気があるのは乙種4類、通称乙4ですが、これは「第4類危険物」である、可燃性液体を取り扱えるようになる資格です。可燃性液体の中には、ガソリン、灯油、軽油など私たちの生活に密着している危険物がたくさん指定されています。当然、扱っている場所も多いので資格保持者の需要も高いのです。

もちろん、そのほかの類も取得しておいて損はありません。すべての類を取得すれば、甲種と同じ扱いです。丙種は、危険物第4類の中のガソリン・軽油・灯油・潤滑油・引火点130度以上の第3石油類・第4石油類・植物油類だけを取り扱うことができます。

1-3.丙種と甲種・乙種との違い

さて、今ご紹介したように丙種は取り扱える危険物が第4類の中の、さらに一部に限られています。そして、できることは取り扱いのみです。甲種と乙種は立ち合いができたり一定の実務経験があれば保安監督者になれたりしますが、丙種はどちらもできません。つまり、丙種は甲種に比べるとできることが限定されています。ですから、丙種を取得したからといって、極端に就職が有利になったり働ける場所が極端に増えたりするわけではありません。

2.丙種を取得する意味

危険物取扱者を取得しようとする方のほとんどが、甲種、もしくは乙種の必要な類を目指します。しかし、丙種が全く取得して無意味な資格というわけではありません。丙種を取得すればガソリン。軽油。灯油を扱うことができます。つまり、ガソリンスタンドスタンドなど、燃料として軽油・灯油を保管してある場所などで働くこともできるでしょう。

また、丙種はできることが限られている分、甲種や乙種よりも合格率がかなり高くなっています。そのため、ガソリン・灯油・軽油を指定数量以上扱う場所に就職したいけれど資格がないという場合は、まず丙種を取得し、その後改めて乙種や甲種を取得する方法もあるのです。

これから資格試験にチャレンジしてみたい方の腕試しとしても最適でしょう。わずかですが、資格手当がつくこともありますし、履歴書の「特技・資格」の欄にも記入できます。

3.危険物取扱者丙種を取得する方法

この項では、危険物取扱者丙種を取得する方法をご紹介します。申し込み方法や試験内容、さらに合格率もご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

3-1.難易度・合格率について

危険物取扱者丙種の試験は甲種・乙種に比べると難易度が低くなっています。そのため、合格率は70%を超えており、しっかりと勉強していれば不合格になることはないでしょう。丙種を合格したら勉強した内容を忘れないうちに乙種第4類、通称乙4に挑戦してみてください。

3-2.受験資格や日程について

危険物取扱者のうち、乙種・丙種は受験資格がありません。何歳でも受験できます。時折、最年少合格者がニュースになっているのを見たことがありませんか? 

ちなみに、現在の危険物取扱者乙種の最年少合格者は7歳です。これは、めったにない例だとしても、中学や高校の化学の知識があれば、丙種は合格できます。たとえば、「高校生になったら少しでも良い条件でアルバイトをしたい」という場合は、中学生のうちに取得しておいてもよいでしょう。

試験の日程は「消防試験研究センター」のホームページで発表されます。試験は、前期と後期の2度行われ、前期は4月~9月、後期は10月~3月です。このとき注意してほしいのが、自治体によって試験日が異なるという点。たとえば、北海道では5月と8月に試験が行われますが、青森では6月、7月、9月に試験が行われます。受験者の多い東京などは4月~9月までほぼ毎年試験が行われるのです。つまり、それだけチャンスが多いということ。

特に、丙種の場合は試験範囲も狭いので勉強期間も短くて済みます。そのため、思い立ったらすぐに受けることができるでしょう。

3-3.申し込み方法

危険物取扱者の試験の申し込み方法は、インターネットと郵送があります。工業高校などの場合は、学校で受験者を募りまとめて申し込んでくれるところもあるでしょう。郵送の場合は、消防署に願書が置いてあるのでもらいにいってください。「危険物取扱者の願書がほしい」といえば、無料でもらえます。

インターネットで申し込む場合は、消防試験研究センターのホームページから申し込んでください。丙種の場合は手数料が2,700円かかります。支払い方法は郵便局の窓口になるので、忘れずに支払ってください。

3-4.試験までの流れ

危険物取扱者の試験に申し込んだら、一定の期間を置いて受験票が届きます。必ず「何月何日に発送」と連絡が来るので、期間を超えても届かなかった場合は、消防試験研究センターに連絡しましょう。受験票が届いたら間違いがないかどうか確認し、試験場所を確かめてください。

東京や大阪といった都市部の場合は、受験会場が何か所もあります。大学や高校、専門学校などが会場になることが多いですが、分からないようでしたら下見をしてください。当日は大勢の受験生がいます。公共交通機関等は混み合いますので、早めに家を出ましょう。

3-5.試験当日

丙種危険物取扱者の受験科目は

  • 危険物に関する法令
  • 燃焼および消火に関する基礎知識
  • 危険物の性質並びにその火災予防および消火の方法

の3科目で、問題数の総数は25問です。マークシート方式の4択ですので、早ければ1時間程度で終わってしまうかもしれません。しかし、油断大敵。必ず見直しをしましょう。

ちなみに、1科目4割以上、全体の6割の得点数で合格になります。合格率は59%とやはり危険物取扱者の中で、ずば抜けて高くなっているのです。でも、逆に考えれば40%の方は不合格になっています。甲種・乙種に比べれば問題数も少なく難易度も低いですが、一夜漬けやぶっつけ本番のヤマカンで合格する資格でもありません。少なくとも、参考書や過去問題集などで勉強をしてから試験に臨んでください。

3-6.合格発表後

丙種危険物取扱者の合格発表は、消防試験研究センターのホームページ上で行われます。合格発表当日は混み合ってページが繋(つな)がりにくくなる可能性がありますので、後日確認してもよいでしょう。

合格者には提出書類一式が送られてきますので、必要事項を記入し、登録料を支払ってください。免許証交付してもらえます。

ちなみに、危険物取扱者の免許は10年ごとに写真の交換が必要です。運転免許証と違い、特にお知らせなど送られてこないので、自分で手続きをしに行きましょう。忘れても免許証が失効することはありませんが、手続きに時間がかかります。

4.危険物取扱者丙種に一発合格するための勉強法

この項では、丙種に一発合格するための勉強法についてご紹介します。ぜひ参考にしてください。

4-1.勉強方法の種類

危険物取扱者の勉強方法には、大きく、独学・通信教材・講習の3種類があります。このうち残念ですが、民間の講習では丙種の試験対策はほとんど実施されていません。自治体や学校では開催してくれるところがあるので、チャンスがあったら受講してみましょう。講師が暗記のコツや出やすい問題などを分かりやすく教えてくれます。

独学は、自分で参考書や問題集を買って勉強する方法です。高校程度の化学の知識があれば、ちんぷんかんぷんということはないでしょう。また、危険物取扱者の試験は、暗記していれば解けます。ですから、参考書の内容で分からないことがあっても、丸暗記してしまいましょう。

過去問題をくりかえし解くことも大切です。危険物取扱者の試験は種類を問わず、過去問題から類似の問題が出されることが珍しくありません。ですから、過去問題をくりかえし解くことにより、力がついてきます。

通信教材は、模擬試験を送ると添削して返してくれるということがメリットです。乙種・甲種に比べると実施しているところは少ないですが、確実に合格したい場合には利用してみてください。分からないところをメールで質問できるので、力もつきやすいでしょう。

4-2.教材にかかる費用

危険物取扱者丙種の場合は、参考書や問題集が1冊2,000円~3,000円前後、通信教材が1万円~3万円程度が相場です。講習料金は数千円~1万円程度でしょう。参考書を購入し独学するのが一番費用はかかりませんが、通信教材の場合は手厚いサポートというオプションがつきます。値段だけで判断しないようにしましょう。

4-3.参考書・過去問題集などの教材の選び方

危険物取扱者丙種の独立した参考書は、甲種、乙種に比べると数は多くありません。その分、迷いにくいというメリットがある反面、選択肢が少ないというデメリットもあるでしょう。化学が苦手という方は図が多く文字の少ない参考書の方がおすすめです。

Amazonなどのインターネット書店では、評価が見られますので選択の参考にしましょう。なお、中古を古本屋などで購入する方もいますが、あまりに古い参考書は法律が変わったりしていて使いものになりません。少なくとも、3年以内に出版されたものを選びましょう。

4-4.勉強のコツ・勉強時間の確保の仕方

危険物取扱者丙種の勉強方法は、参考書を読んで過去問を解くの繰り返しになります。合格までの勉強時間は3か月が目安とされていますが、効率よく勉強すれば1か月でも合格レベルには達することができるでしょう。そのためには、毎日20分~30分でも勉強してください。

週末まとめて勉強しようと思う方もいるでしょうが、それでは勉強時間も長くなりますので、集中力も続きにくいのです。

休日に1日5時間勉強するよりも、毎日20分~1時間でも勉強したほうが効果的です。通勤時間や休み時間を利用したり、夜寝る前に必ず参考書を数ページ読んだりといった習慣をつけましょう。

4-5.ステップアップの方法

丙種に一発合格したら、そのままの勢いで危険物取扱者乙種4類にチャレンジしてください。丙種で学習した内容とかぶる部分も多いですし、勉強の習慣もついているはずです。乙種を取得すれば、よりできることも広がるでしょう。

5.危険物取扱者丙種についてよくある質問

Q.丙種と乙種、両方を1日で受験できる?

A.試験会場によってできるところとできないところがあります。受験時間がずれていれば可能ですが、丙種と乙種4類を同時に受験し、受かった場合は丙種を登録する意味がなくなってしまうのです。併願はおすすめできません。

Q.効率よく勉強するにはどうしたらいいだろう?

A.過去問題集を解き、傾向をつかみましょう。丙種は範囲が狭いので、出題傾向も限られてきます。ですから、よく試験に出る場所を重点的に勉強すれば高得点を狙いやすくなるのです。

Q.丙種だけ持っている場合は、資格手当などは期待できる?

A.丙種では、できることが少ないのであまり期待できません。丙種合格で自信をつけて、乙種を複数受験してみましょう。そうすればできることも増えて手当もつきやすくなります。

Q.中学生でも受験は可能ですか?

A.可能ですが、まだ化学式など理解できないところもあるでしょう。通信教材などでじっくりと勉強して確実に知識を身につけていってください。

Q.丙種を持っていれば、セルフ式ガソリンスタンドで働ける?

A.丙種は立ち合いができませんので、セルフ式のガソリンスタンドでは資格が役に立ちません。立ち合いができる乙種4類を取得しましょう。

まとめ

いかがでしたか? 今回は危険物取扱者の丙種についていろいろとご紹介しました。甲種、乙種に比べると簡単な分、取得しやすくステップアップもしやすい資格です。はじめの一歩として取得しておいて損はありません。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?