化学メーカーへ就職・転職に有利になりそうな資格はコレ! 取得方法も解説

化学メーカーは、給与が高めでやりがいがある職場として人気があります。就職や転職をしたいと考えている人も多いことでしょう。また、化学メーカーへの就職・転職を有利にするために資格を取得したいと考えている方もいると思います。

そこで今回は、化学メーカーの就職・転職に有利に働く可能性がある資格を紹介しましょう。

  1. 化学メーカーの基礎知識
  2. 化学メーカーへの就職が有利になる資格について
  3. 資格取得の方法
  4. 化学メーカーの就職や転職に関するよくある質問

この記事を読めば、資格の取得方法も分かります。化学メーカーへの就職・転職を考えている人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.化学メーカーの基礎知識

はじめに、化学メーカーの定義や有名な企業、給与や将来性などを紹介します。

1-1.化学メーカーの種類は豊富

化学メーカーとは、化学反応を伴う生産プロセスを行って製品を作り、販売している企業の総称です。業態により、総合化学メーカー・誘導品メーカー・電子材料メーカーなどに分類されます。

1-2.化学メーカーの代表例

有名な化学メーカーには、以下のような企業があります。

  • 総合化学メーカー:住友化学・旭化成など
  • 誘導品メーカー:信越化学工業・三菱ガス化学など
  • 電子材料メーカー:富士フイルムホールディングス・日東電工など

1-3.化学メーカーの将来性は明るく給与も高め

化学産業は現在、国内製造業の出荷額の約8.4%を占めています。これは、産業別第3位にあたり、高い生産性があることが分かるでしょう。また、化学産業の歴史は19世紀から始まり、現在も新しい技術を開発しながら発展を続けています。将来性は十分にあると言えるでしょう。さらに、化学メーカーの平均年収は30代で500万~600万円、40代以降では、1,000万円を超える企業も珍しくありません。残業も少なく、福利厚生も充実しています。そのため、理系の学部卒業した人はもちろんのこと、文系の大学生にも人気があるのです。

1-4.化学メーカーの求人はさまざま

化学メーカーでは、製品の製造や新製品の開発に携わる人だけでなく、設備管理・材料の管理などを行う人材も募集しています。新製品の開発などは、大学で理系の学科に入学し、専門的な知識が必要です。しかし、設備管理や生産に使う材料の管理などは、資格が必要な仕事も多く、「資格を取得していれば、学歴は問わない」ということもあるでしょう。ですから、資格を取得すると化学メーカーへの就職や転職が有利に働くこともあります。

2.化学メーカーへの就職が有利になる資格について

この項では、化学メーカーへの転職、就職が有利になる可能性がある資格を紹介します。

2-1.設備管理に役立つ資格

化学メーカーの設備管理に役立つ仕事には、以下のようなものがあります。

2-1-1.高圧ガス製造保安責任者

高圧ガス製造保安責任者は、高圧ガスに関する第一種製造者等にあたる事業所で保安の業務に就くことができる国家資格です。甲・乙・丙の3つの資格区分があり、その中でも甲種化学・甲種機械・乙種化学・乙種機械を取得しておくと就職・転職に有利に働きやすいでしょう。

2-1-2.公害防止管理者

公害防止管理者は、工場から排出される水や空気・騒音・振動・ダイオキシンなどを定期的に測定したり、結果の管理を行うことができる国家資格です。化学メーカーの工場では選任が必要なところも多いでしょう。

2-1-3.ボイラー技士

ボイラー技士は、ボイラーの管理や運転をすることができる国家資格です。ボイラーを備えている工場には選任が必要になります。

2-2.製品の原材料の管理などに必要な資格

化学メーカーの工場では、消防法で危険物に指定されている物質を取り扱うことも珍しくありません。そのため、危険物の取り扱いや保安業務ができる危険物取扱者は、一定の需要があります。甲種を取得していればより有利でしょう。乙種の場合は、乙種4類(乙4)を含む複数の類を取得しておくのがおすすめです。

3.資格取得の方法

今回ご紹介した資格は、主に試験を受けて合格することで取得できる資格です。受験資格が定められていないものもあり、学生のうちから資格を取得できるものもあります。

また、大学で化学などを専攻して研究者として化学メーカーに就職したい人も、資格を取得することによって仕事の幅が広がります。取得しておいて損はないでしょう。

4.化学メーカーの就職や転職に関するよくある質問

この項では、化学メーカーの就職や転職に関するよくある質問を紹介します。

Q.化学メーカーへの就職や転職は、無資格では難しいですか?
A.一流メーカーを希望する場合は、学歴のほか、職歴なども重要視されることが多いでしょう。資格を取得することで武器を増やすことができます。また、中小企業は無資格でも転職・就職しやすいところもあるので、まずはそこに就職し、キャリアアップを積みながら資格取得をして転職するのもおすすめです。

Q.資格を取得しても、無経験では就職は厳しいでしょうか?
A.20~30代前半までなら無経験でも取ってくれるところもあります。根気よく探しましょう。

Q.資格を取得するメリットは、就職・転職しやすくなる以外にありますか?
A.資格手当がついて給与がアップしやすくなるほか、昇進もしやすくなるでしょう。

Q.危険物取扱者乙種4類だけでは、化学メーカーへの転職は難しいですか?
A.危険物取扱者乙種ならば、4種以外に2~3種類取得しておくのがよいでしょう。

Q.働きながら資格を取得することは可能ですか?
A.はい。特に、大学で化学を専攻した場合は、学業が忙しく資格取得まで手が回らないこともあるでしょう。働き始めてから資格取得するのもおすすめです。

まとめ

今回は、化学メーカーへの就職・転職に有利な資格について解説しました。資格があれば絶対に有利になると言いきることはできませんが、仕事の幅が広ければ、企業側から見ても魅力的な人材に映ります。ぜひ、取得できる資格は取っておきましょう。