「 危険物について 」一覧

石油化学工場、ガソリンスタンド、タンクローリーなど、私たちの生活の周りには、危険物がたくさんあります。爆発や火災を起こさないように、さまざまな対策が講じられてきました。防爆構造もその1つです。
防爆構造とはどのようなもので、どんな種類があるのでしょうか。危険物を取り扱う仕事と合わせて紹介します。

  1. 防爆構造とは
  2. 防爆構造の種類
  3. 危険箇所の3分類
  4. 危険物取扱者の仕事
  5. まとめ

続きを読む


2015年8月12日に中国天津市で起きた、爆発事故を覚えている方は多いでしょう。あの事故が起きた原因のひとつとされているのが、今回ご紹介するシアン化ナトリウムです。シアン化ナトリウム自体は、毒劇物に指定されています。しかし、水と反応すると危険物第4類に分類される、シアン化水素が生成されるのです。シアン化ナトリウムはどんな性質や特徴を持っているのでしょうか? また、取り扱う際の注意点などもご紹介します。危険物取扱者の資格取得を目指している方やシアン化ナトリウムを職場で取り扱っている職場に勤めている方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. シアン化ナトリウムってどんな物質?
  2. シアン化ナトリウムの保管方法は?
  3. 従業員教育をしっかりと行おう
  4. 危険物取扱者について
  5. よくある質問
  6. おわりに

続きを読む


危険物を取り扱うためには「資格」を取得しなければなりません。
きちんと知識を身につけないと命につながる大事故が起こる可能性もあるのです。
そこで、爆轟(ばくごう)と爆発の違いについて詳しく説明します。
爆轟(ばくごう)と爆発の違いはもちろん、爆轟(ばくごう)の種類や発生条件、CJ理論も一緒に見ていきましょう。
危険物取扱者を目指している人、爆轟(ばくごう)と爆発の違いについて知りたい人はぜひチェックしてください。

目次

  1. 爆轟(ばくごう)と爆発の違い
  2. 爆轟(ばくごう)の種類と発生条件
  3. CJ理論とは
  4. まとめ

続きを読む


危険物取扱者の代名詞ともいえる危険物乙種第4類、通称乙4。
この資格を取得すれば、私たちの最も身近な危険物である、ガソリンや灯油などの石油製品をあつかえます。
しかし、乙種4類で取り扱える危険物の中には、一見すると全く関係のないものが含まれているのです。
それが、酢酸。
今回は、酢酸の一種である無水酢酸の性質や特徴をご紹介します。
酢酸というと食用酢の親戚というイメージを持っている方もいるでしょう。
しかし、一口に酢酸といってもいろいろな種類があります。
酢酸同士の特徴や性質をしっかりと区別して覚えましょう。
これから危険物取扱者の乙種第4類を受験する方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

目次

  1. 危険物乙種第4類とはどんなもの?
  2. 酢酸とはどのような物質?
  3. 無水酢酸の性質や特徴とは?
  4. 無水酢酸の保管方法や消火方法とは?
  5. おわりに

続きを読む


「リスクアセスメント」という言葉をご存じでしょうか。
危険な化学物質を取り扱う現場においては、とても大切な言葉です。
職場で働いている人たちの健康を守るためにも、リスクアセスメントについて把握しなければなりません。
そこで、リスクアセスメントとは何なのか、化学物質のリスクアセスメントの進め方や基本的な考え方、注意点について説明します。
危険物取扱者はぜひチェックしてくださいね。

目次

  1. リスクアセスメントとは
  2. 化学物質のリスクアセスメントの進め方
  3. リスクアセスメントの注意点
  4. まとめ

続きを読む


消防法によって指定されている危険物には、いろいろな種類があります。
私たちの身近で使われている製品の中にも、危険物に指定されているものも少なくありません。
そこで、今回は危険物第5類に指定されている、有機過酸化物の性質や種類についてご説明します。
有機過酸化化合物とは聞きなれない名前ですが、私たちが利用しているものの原材料でもあるのです。
また、危険物甲種を受ける人にとっては、危険物第1類に指定されている無機過酸化物との違いも覚えておきましょう。

目次

  1. 有機過酸化物とは?
  2. 危険物に指定されている有機過酸化物の種類と性質とは?
  3. 有機過酸化物の消化方法とは?
  4. 無機過酸化物と混同しないように気をつけよう
  5. おわりに

続きを読む


ハイオクガソリンとレギュラーガソリンの違いを正しく理解しているでしょうか?ここでは、ハイオクとレギュラーの違いや注意点についてお伝えします。車に乗る人には必ず知っておいてほしい情報です。

目次

  1. ハイオクとレギュラーの違い
  2. ガソリンの選び方
  3. ハイオクとレギュラーを混ぜるとどうなる?
  4. ハイオク仕様車にレギュラーを使用するとどうなる?

続きを読む


消防法で定められている危険物の中には、水や空気に触れると反応して発火したり爆発したりするものもあります。
このように、物質と物質が混じりあって化学反応が起こるときにともなう温度変化を「反応熱」というのです。
今回は、反応熱の種類についてご説明します。
「熱」という言葉がついているので、熱くなる現象というイメージを持っている方もいるでしょう。
しかし、種類によっては熱を吸収するものもあるのです。
これから危険物取扱者の資格習得を目指している方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. 反応熱とは?
  2. 熱反応の種類や方程式とは?
  3. ヘスの法則とは?
  4. 危険物取扱者の勉強と化学について
  5. 通信教材を利用する方法もある
  6. おわりに

続きを読む


世の中にはたくさんの物質が存在しています。
物質の中には私たちに必要なもの、悪いもの、害を及ぼさないものなどさまざまです。特に、取り扱いに気をつけなければならないのが「危険物質」になります。
危険物質の中でも医薬用外劇物になっている「硝酸」について詳しく説明しましょう。硝酸の特徴や性質、取り扱い方、火災予防・消火方法をチェックしていきます。
危険物取扱者資格取得のために勉強中の人は要チェックですよ。

目次

  1. 硝酸の特徴・性質
  2. 硝酸の取り扱い方
  3. 硝酸の火災予防・消火方法
  4. まとめ

続きを読む


消防法で定められている危険物には、私たちの身近にあるものからあまりなじみのないものまでいろいろあります。
今回は、危険物第2類に分類されている硫化リンの性質や特徴をご紹介しましょう。
危険物取扱者の甲種を受ける方や第2類を受ける方は、硫化リンの特徴や性質をよく覚えておく必要があります。
また、硫化リンはいくつかの種類があり名前も似かよっていますので、覚え間違えの内容に注意しましょう。
これから危険物取扱者の試験を受けるという方は、ぜひこの記事を読んで参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 硫化リンってどんな物質?
  2. 硫化リンの種類とは?
  3. 硫化リンの保管方法と消火方法とは?
  4. 危険物第2類とはどんなもの?
  5. 危険物取扱者乙類は、複数受験しておくとよい
  6. おわりに

続きを読む