硝酸エステル類とは、部分構造 R-ONO2 を有する化合物のことです。
危険物取扱者、乙種第5類、および甲種を受ける方は、覚える必要があります。
そこで、今回は硝酸エステル類の特徴や種類をご紹介しましょう。
硝酸エステル類の中には自然に分解して発火するものも多いので、取り扱いには十分な注意が必要です。
また、消火方法や保管方法のポイントなども一緒にご紹介しましょう。
危険物取扱者の資格取得を目指す方や職場で硝酸エステル類を扱っている方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 硝酸エステル類とは?
  2. 硝酸エステル類の種類と特徴とは?
  3. 硝酸エステル類は消火困難?
  4. おわりに

続きを読む


日用品から仕事場で使うものなど、私たちのまわりには“危険物”がひそんでいます。
危険性のあるものを専門的に扱う「危険物取扱者」は、危険物について詳しく知識を身につけておかなければなりません。
そこで、危険物の1つである“アセトン”の特徴や危険性、取り扱う際の注意点、引火点など説明しましょう。
アセトンは除光液にも入っているので、知らない間に使っているケースもあります。
安心して使うためにも「知識」は必要不可欠です。

  1. アセトンの特徴
  2. アセトンの危険性
  3. アセトンの注意点
  4. まとめ

続きを読む


硝酸アンモニウムは、「硝酸」と「アンモニウム」が混ざってできる物質です。
主に、火薬や爆薬に使用することが多く、危険物の1つでもあります。
取り扱うときは十分に注意しなければなりません。
そこで、硝酸アンモニウムの特徴・性質・用途や取り扱い方、注意点について説明します。
危険物取扱者資格取得のために勉強している人は、ぜひ参考にしてください。

  1. 硝酸アンモニウムの特徴・性質・用途
  2. 硝酸アンモニウムの取り扱い方
  3. 硝酸アンモニウムの注意点
  4. まとめ

続きを読む


過酸化水素は、危険物第6類に分類されている物質です。
しかし、私たちの身の回りにあるたくさんの製品に利用されています。
そこで、今回はこの過酸化水素の性質や特徴をご紹介しましょう。
過酸化水素が含まれている製品や用途、さらに保管する際の注意事項などもご説明します。
過酸化水素は、濃度によって危険度が異なるのです。
では、どのくらいの濃度から危険になるのでしょうか?
答えは、この記事を読めばわかりますよ。
職場で過酸化水素をたくさん取り扱っているという方も、記事を読んでみてください。

  1. 過酸化水素の性質と特徴とは?
  2. 過酸化水素の使用法とは?
  3. 危険物としての過酸化水素
  4. おわりに

続きを読む


危険物というと、化学物質をイメージする方は多いでしょう。
しかし、今回ご紹介する金属粉も立派な危険物なのです。
金属粉とは、文どおり金属の粉末のこと。
細かくなったことにより、かたまりのときとはまた違った危険性が発生するのです。
では、どのような危険性があるのでしょうか?
この記事で、金属粉の特徴とともにご紹介します。
また、金属粉の扱い方や消火方法、さらに保管方法なども一緒にご説明しましょう。
危険物取扱者の資格取得を目指す方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 金属粉とは?
  2. 金属粉の危険性とは?
  3. 金属粉の取り扱いの注意点とは?
  4. 冬は静電気に要注意
  5. もし、金属粉が発火したら?
  6. おわりに

続きを読む


TNTとも呼ばれている「トリニトロトルエン」は、火薬の主成分です。
危険物を専門的に取り扱う“危険物取扱者”は、さまざまな危険物質を把握しなければなりません。
そこで、トリニトロトルエンの特徴・性質・用途、取り扱い方、注意点について詳しく説明します。
危険物取扱者を目指している人、トリニトロトルエンについて気になっている人は、ぜひ参考にしてください。

  1. トリニトロトルエンの特徴・性質・用途
  2. トリニトロトルエンの取り扱い方
  3. トリニトロトルエンの注意点
  4. まとめ

続きを読む


メタノールは第4類危険物に指定される、私たちにとってもなじみ深い危険物です。学校の理科の実験で、アルコールランプを使ったという方も多いでしょう。しかし、なじみ深いからこそ、メタノールによる事故も昔から多いのです。

そこで今回は、メタノールの特徴や性質をご紹介します。危険物取扱者の資格を取得している人はもちろんのこと、少量のメタノールを扱う機会がある方が多いです。ぜひこの記事を読んで正しい取り扱い方を知ってください。

  1. メタノールの性質は?
  2. メタノールの特徴は?
  3. メタノールを保管する際の注意点は?
  4. メタノールを含んだ製品の取り扱う際の注意点

続きを読む


次亜塩素酸ナトリウム、とは聞きなれない名前ですが、漂白剤や消毒剤として幅広く使われている化学物質です。
次亜塩素酸ソーダともいい、希釈された水溶液はアンチホルミンとも呼ばれます。
しかし、身近な化学物質でありながらあつかいを間違えると事故が発生しやすいのです。
そこで、今回は次亜塩素酸ナトリウムの性質や特徴についてご紹介します。
また、次亜塩素酸ナトリウムは危険物などには指定されていませんが、不用意にあつかうと命の危険性もあるのです。
漂白剤や消毒剤を使っている方はぜひこの記事を読んで、あつかい方の参考にしてください。

目次

  1. 次亜塩素酸ナトリウムの性質と特徴とは?
  2. 次亜塩素酸ナトリウムは危険物ではないの?
  3. 次亜塩素酸ナトリウムの危険性とは?
  4. 次亜塩素酸ナトリウムの水溶液のあつかい方とは?
  5. おわりに

続きを読む


消防法によって定められた危険物の中には、「酸化剤」や「還元剤」として使われているものがあります。
では、酸化還元反応とはいったいどのようなものなのでしょうか?
そこで、今回は酸化還元反応についていろいろとご説明します。
また、酸化剤や還元剤に指定されている危険物についてもご説明しましょう。
実は酸化剤と還元剤を合わせると、爆発や薄荷の危険もあるのです。
危険物取扱者の資格取得を目指している方も、ぜひこの記事を読んでみてください。

目次

  1. 酸化還元反応とは?
  2. 酸化剤と還元剤とは?
  3. 危険物同士を混ぜる危険性とは?
  4. 危険物同士の取り扱い方とは?
  5. おわりに

続きを読む


危険物取扱者の試験範囲の中には「物質の変化」というものがあります。
物質の変化には化学変化と物理変化があるのです。
物理や化学は中学や高校の授業でやっただけという方は理解しにくい方もいるでしょう。
そこで、今回は化学変化と物理変化の違いをご説明します。
物質の変化自体はたくさんの種類がありますが、物理と化学では特徴に違いがあるのです。
その特徴をしっかりと把握しておきましょう。
これから危険物取扱者の試験を受けるという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

目次

  1. 化学変化と物理変化の違いとは?
  2. 危険物取扱者の試験で変化が扱われる理由とは?
  3. 危険物取扱者の受験勉強の仕方
  4. おわりに

続きを読む