家庭内で普通に使っているものの中にも、実は危険物と呼ばれるものがたくさんあります。これらが不要になったとき、どのように処分すればよいのでしょうか? 万一の事故を防ぐためにも、どのようなものが危険物になるのか、きちんと把握しておかなければなりません。危険物について知り、適切な処分方法を知識として身につけましょう。

この記事では、家庭の中にはどんな危険物があるのか? 危険物の処分方法・取り扱い時の注意点などについて説明します。安心した生活を送るるためにも、ぜひチェックしてくださいね。危険物の処分法が知りたい人は必見です。

  1. 家庭内にある危険物にはどんなものがある?
  2. 危険物の処分方法は?
  3. 危険物を取り扱うときの注意点
  4. まとめ

続きを読む


危険物保安監督者とは、危険物の取扱作業において保安の監督業務を行う者のことをいいます。消防法で特定の施設に選任が義務づけられており、危険物施設保安員を支持して危険物の製造所や貯蔵所の安全点検なども行うことが可能です。危険物取扱者の資格を取得した後に、危険物保安監督者を目指して実務経験を積む方も多いことでしょう。

そこで、今回は危険物保安監督者の届出義務や選任義務について解説します。

  1. 危険物って何?
  2. 危険物保安監督者について
  3. ​危険物保安監督者の選任と届出について
  4. 危険物取扱者を取得する方法について
  5. 危険物保安監督者に関するよくある質問

この記事を読めば、危険物保安監督者になる方法もよく分かることでしょう。危険物取扱者の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


危険物の取り扱いや保管をするためには、「危険物取扱者」という資格を取得しておかなければなりません。誤った方法で保管・取り扱いをしてしまうと、火災や爆発の恐れがあります。また、危険物取扱者は、取り扱う危険物の分類によって、資格の種類も異なるものです。そのため、自分が取り扱う危険物の分類をきちんと把握して、適切な資格を取得しておかなければなりません。そこで本記事では、危険物の基礎知識や分類について、どのような特徴があるのか、詳しく説明します。

  1. 危険物の基礎知識
  2. 危険物の分類について
  3. 危険物1類~9類について
  4. 危険物取扱者の試験概要と勉強法について
  5. 危険物に関してよくある質問

この記事を読むことで、危険物取扱者の資格取得に必要な危険物の分類について知ることができます。試験を考えている方はぜひ参考にしてください。

続きを読む


危険物とは、消防法で定められている火災を発生させやすい物質の総称です。自動車やバイクの燃料であるガソリンや、灯油・軽油なども危険物に指定されています。危険物にはそれぞれ指定数量が定められており、それを超えた量の危険物を保管する場合は、専用の貯蔵所が必要です。貯蔵所には大きく分けて屋内・屋外・タンクの3種類がありますが、それぞれどんな違いがあるのか分からない方もいると思います。

そこで、今回は危険物を保管することのできる貯蔵所の一種、簡易タンク貯蔵所についてご紹介しましょう。

  1. 簡易タンク貯蔵所の基礎知識
  2. 簡易タンク貯蔵所の基準について
  3. 危険物取扱者とは?
  4. 危険物取扱者の資格を取得する方法について
  5. 簡易タンク貯蔵所に関するよくある質問

この記事を読めば、貯蔵所の種類や特徴も分かります。危険物取扱者の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


危険物とは、消防法で定められた火災の原因となりやすい物質の総称です。私たちの身近にある物質としては、ガソリンや灯油・軽油などが危険物に指定されています。危険物は保管方法や取り扱いだけでなく、移送や運送方法にも決まりがあるのです。

そこで、今回は危険物の移送や運搬について解説しましょう。

  1. 危険物の基礎知識
  2. 危険物の移送と運搬について
  3. 危険物取扱者の資格を取得する方法
  4. 危険物の運搬と移送に関するよくある質問

この記事を読めば、危険物の移送と運送の違いやそれぞれの決まりがよく分かります。危険物取扱者の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


消火器とは、火災が燃え広がる前の段階の消火活動に利用される簡易的な消防設備です。避難訓練などで使ったことがある方も多いことでしょう。消火器は火災の危険がある工場などの他、不特定多数の人が利用する建物でも設置が義務づけられています。

今回は、消火器の設置基準について解説しましょう。

  1. 消火器に関する基礎知識
  2. 消火器の設置基準について
  3. 消火器の設置・整備・点検が行える資格について
  4. 消火設備の設置基準に関するよくある質問

この記事を読めば、消防設備の設置基準についての知識も増えます。消防設備士の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


地下タンク貯蔵所とは、文字どおり地下にタンクを埋め込み、その中で危険物を貯蔵する施設です。ガソリンスタンドや工場などで、安全に危険物を保管するために設置されていることが多いでしょう。危険物貯蔵所は、定期点検をすることが、消防法によって定められています。

今回は、地下タンク貯蔵所の定期点検についてご紹介しましょう。

  1. 地下タンク貯蔵所の基礎知識
  2. 地下タンク貯蔵所の定期点検について
  3. 危険物取扱者の資格を取得する方法
  4. 地下タンク貯蔵所の定期点検に関するよくある質問

この記事を読めば、危険物取扱者が行える職務についても分かります。危険物取扱者の資格取得を目指している方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

続きを読む


危険物とは、消防法で定められた「火災を発生させる可能性の高い物質」の総称です。私たちの身近にあるものでは、ガソリンや灯油が危険物に指定されています。危険物は火災の危険性がある反面、私たちの生活になくてはならないものも多いので、大量に貯蔵されているところも多いのです。

今回は危険物の貯蔵をする際の基準や、危険物の同時貯蔵について解説します。

  1. 危険物の基礎知識
  2. 危険物の貯蔵所について
  3. 危険物の同時貯蔵について
  4. 危険物の同時貯蔵に関するよくある質問

この記事を読めば、危険物を貯蔵する際のルールがよく分かるでしょう。危険物取扱者の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


ガソリンスタンドは、自動車やバイクの給油所として欠かせない場所です。近年は安さを売り物にしたセルフガソリンスタンド、整備工場やレンタカー店を併設したガソリンスタンドなど、バリエーションも増えています。店舗数が多い分アルバイトや正社員の募集も多く、働いてみようかなと思っている方もいることでしょう。

そこで、今回はガソリンスタンドの仕事内容や取得しておくと有利な資格などをご紹介しましょう。

  1. ガソリンスタンドの種類と仕事内容について
  2. ガソリンスタンドで働く際、取得しておくと有利な資格
  3. SATの教材を利用して危険物取扱者の資格を取得しよう
  4. ガソリンスタンドの仕事内容や資格に関するよくある質問

この記事を読めば、ガソリンスタンドで働くメリットなども分かりますよ。ガソリンスタンドの仕事に興味のある方は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


危険物とは、消防法で定められている火災を発生しやすい物質の総称です。一定量を超えた危険物を取り扱ったり保管したりする場合は、危険物取扱者という資格が必要になります。また、危険物を保管したり取り扱ったりする場所は、消防法に基づいて保有空地を設けなければならないところもあるのです。

そこで、今回は危険物を保管したり取り扱ったりする場所に設ける保有空地やその他の基準についてご説明します。

  1. 危険物の保有空地とは何か?
  2. 危険物の保有空地を設けなければならない施設とは?
  3. 保安距離とは?
  4. 万が一火災が発生したら?
  5. 危険物の保有空地に関するよくある質問

この記事を読めば、危険物の保管場所についての決まりも分かるでしょう。危険物の製造所等で働いている方や危険物取扱者の資格取得を目指す方は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む