危険物について

第二石油類の種類や関連する資格は? 資格取得に必要な知識

灯油や軽油などは非水溶性の第二石油類、酢酸やプロピオンなどは水溶性の第二石油類となります。第二石油類は常温では引火しませんが、乙種第4類危険物に該当するため、扱いや管理には十分に注意しなければなりません。扱い方や管理を誤れば、火災や爆発の危...
危険物取扱者の業務内容

危険物の違反処理とは? 基礎知識から流れまでを解説!

危険物とは、消防法によって指定されている火災を起こしやすい物質の総称です。ガソリンや灯油など、私たちの生活に欠かせないものの中にも、危険物に指定されているものはたくさんあります。危険物は消防法によって取り扱いや保管の方法が定められており、そ...
危険物取扱者の業務内容

自衛消防組織とは?役割・編成・設置や講習などを詳しく解説!

危険物を取り扱う企業では、火災などの事故が怖いものです。特に、ガソリンなどの引火性液体は、取り扱いを間違えると大事故につながってしまいます。そのため、万が一のときの対策として、事業所内に自衛消防組織を編成しているのです。しかし、どんな活動を...
危険物取扱者資格とは

化学メーカーに就職するならこの資格! 取得を目指すべきものはコレ!

化学メーカーは、安定している企業が多いため、就職や転職で人気です。ですから、就職試験でライバルたちに勝つためには、資格を取得することをおすすめします。未経験者であっても資格を取得したことでやる気と基礎知識があることをアピールでき、企業からも...
危険物取扱者試験対策

【危険物取扱者試験】科目免除の条件と必要な資格は?

危険物取扱者とは、消防法で指定されている危険物の取り扱いや保安監督業務を行うことのできる資格です。中でも、乙種4類の資格はガソリンや灯油といった私たちの身近にある危険物を取り扱うことができるため、人気があります。 しかし、危険物取扱者...
危険物について

危険物第4類の一種、動植物油類の特徴・消化方法・火災予防方法とは?

動植物油類とは、動植物から抽出した油の中で、1気圧の時の引火点が250度未満のものです。私たちが食用油として使っているものの中にも、動植物油類に分類されているものがあります。危険物では第4類に分類されており、指定数量以上を取り扱ったり貯蔵し...
危険物について

危険物第4類の一種、第1石油類とはどんな物質? 特徴や消化方法は?

第1石油類とは、危険物第4類に分類されている引火性液体の一種です。文字どおり石油を原料としており、引火点が低く火災の危険性が高いという特徴があります。危険物取扱者乙種4類を取得するために受験勉強に励んでいる方の中には、石油類は種類も多く、特...
危険物取扱者資格とは

危険物取扱者の年収はどのくらい? 収入アップのコツは?

危険物取扱者とは、危険物の取り扱いや保安監督業務を行うことのできる国家資格です。ガソリンスタンドで働く際に必要な資格、というイメージを持っている方も多いことでしょう。これ以外にも有資格者を必要としている職場は多く、転職や就職に有利な資格とし...
危険物について

危険物の一般取扱所とは? 他の取り扱い場所との違いなどを解説

「危険物」というと、何を思い浮かべますか?火災や爆発の原因となる物質の一般名ですが、その範囲は消防法により厳密に定義されています。 我々の身近にあるガソリンや灯油も、実はこれら「危険物」に指定されています。そして、これら危険物を安全に取り...
危険物について

移送取扱所の特徴は何? 他の危険物取扱所との違いは?

移送取扱所とは、危険物を配管やポンプを通じて移送する施設のことです。危険物を移送するための方法の一つですが、日本では設置されている場所はあまりありません。それでも、危険物取扱者の資格試験で設置基準などが出題されることもありますので、資格取得...
タイトルとURLをコピーしました