危険物について

【資格取得】特定化学物質について解説! 取り扱うために必要な資格は?

特定化学物質とは、労働安全衛生法によって定められた労働者に健康障害を発生させる可能性が高い化学物質の総称です。特定化学物質に定められた物質を扱ったり製造したりするためには、さまざまな規則が定められています。 今回は特定化学物質の概要や...
危険物取扱者試験対策

【最新版】危険物保安講習を解説! 受講対象者や講習内容・開催頻度は?

危険物取扱者の資格を活用して仕事をする場合、定期的に危険物保安講習を受講する必要があります。定期的といっても間隔が年単位のため、仕事をしているうちに忘れてしまいがちです。 では、保安講習の受講をうっかり忘れてしまったら、どうなるのでし...
危険物取扱者資格とは

【徹底解説】危険物取扱者甲種は就職に有利? 就職先や資格取得のコツも

危険物の取り扱いができる国家資格「危険物取扱者」の種類には、甲種・乙種・丙種(へいしゅ)の3種類があります。この中でも最も難易度が高く、幅広い職場で有利となるのが甲種です。甲種危険物取扱者は、すべての危険物の取り扱いと保管ができます。 ...
危険物取扱者の業務内容

危険物取扱者の違反処理・点数とは? 試験概要についてもチェック!

危険物取扱者は、危険物の取り扱いと保管・管理ができる唯一の国家資格です。危険物取扱者の資格を取得するために、勉強のポイントを知ることも大切ですが、違反点数について把握しておかなければなりません。 危険物取扱者が違反行為をしたときは、そ...
危険物取扱者資格とは

危険物取扱者試験は複数受験できる? 試験内容・勉強のコツなどを解説

危険物取扱者とは、消防法で規定する危険物の取り扱い・定期点検・保守の監督を行うために必要な国家資格です。資格を取得するためには、危険物取扱者の国家試験に合格しなければなりません。 危険物取扱者の資格種類はいくつかあり、同時に複数受ける...
危険物取扱者の業務内容

ガソリンの取り扱いができる資格は? 資格がなければ何もできない?

ガソリンは車やバイクの燃料として、私たちの生活に欠かせないものです。その一方で大変揮発性が高く引火点が低いので、扱い方を間違えると、火災の原因にもなります。 そのため、一定量以上のガソリンの取り扱いや保管には、危険物取扱者の資格が必要...
その他

タンクローリーの運転手になるには? 必要な資格や取得方法は?

タンクローリーとは、主に石油やガスといった液体や気体を運搬する特殊車両です。街中を走っているのを見たことがある、という人も多いでしょう。 タンクローリーを運転することができれば、転職や就職に役立つと考えている人もいると思います。では、...
危険物について

ガソリンと軽油の違いは? それぞれの特徴や取り扱い方

ガソリンと軽油は、どちらも自動車の燃料として使われており、ガソリンスタンドで販売されています。では、ガソリンと軽油の違いは何か? と聞かれたらどうでしょうか? 即座に答えられる人は少ないと思います。危険物取扱者の資格試験を受ける場合、...
危険物について

第三石油類とはどのような物質? 特徴などを詳しく解説!

第三石油類とは、危険物第4類に分類されている引火性液体の一種です。引火性液体には石油を原料とする物質が多いので、引火点によって第1~第4まで分類されています。危険物取扱者乙種4類を受験する方にとっては、覚えなければならないこともたくさんある...
危険物について

消防法における非危険物とはどんな物質? 危険物との違いは?

危険物とは、消防法によって取り扱い方や保管方法が規制されている物質の総称です。危険物に指定されるかどうかは、「危険物確認試験」という方法で、引火点の有無や爆発する危険性を確認し、判断されます。危険物確認試験を受けた結果、危険物に認定されなか...
タイトルとURLをコピーしました