危険物について

危険物について

反応熱って何?その種類とは?

消防法で定められている危険物の中には、水や空気に触れると反応して発火したり爆発したりするものもあります。 このように、物質と物質が混じりあって化学反応が起こるときにともなう温度変化を「反応熱」というのです。 今回は、反応熱の種類について...
危険物について

第6種危険物の「硝酸」について知ろう!特徴や性質、取扱い方について

世の中にはたくさんの物質が存在しています。 物質の中には私たちに必要なもの、悪いもの、害を及ぼさないものなどさまざまです。特に、取り扱いに気をつけなければならないのが「危険物質」になります。 危険物質の中でも医薬用外劇物になっている「硝...
危険物について

硫化リンの性質や特徴とは?

消防法で定められている危険物には、私たちの身近にあるものからあまりなじみのないものまでいろいろあります。 今回は、危険物第2類に分類されている硫化リンの性質や特徴をご紹介しましょう。 危険物取扱者の甲種を受ける方や第2類を受ける方は、硫...
危険物について

過塩素酸の特徴や性質とは? 類似物質に注意。

消防法で定められた危険物を取り扱ったり保管したりできる資格が、危険物取扱者です。甲、乙、丙の3種類があり特に乙種4類、通称乙4は受験者も多く危険物取扱者の代名詞のようになっています。しかし、今回ご紹介する「過塩素酸」は危険物乙種6類に分類さ...
危険物について

着衣着火の原因や対処法・防止法について ~表面フラッシュが起こりやすい衣服とは~

人が着ている衣服に引火する「着衣着火」が起きたとき、どのように対処すれば良いのでしょうか。瞬く間に火は広がってしまうため時間との勝負になります。適切な対処ができるように着衣着火について詳しくチェックしていきましょう。着衣着火の原因や表面フラ...
危険物について

有機化合物って何? その種類と特徴とは?

危険物取扱者の資格試験の勉強をしていると、「有機化合物」という単語をよく目にすると思います。世の中に存在する化合物は、「有機化合物」と「無機化合物」に分かれているのです。そこで、今回は有機化合物の特徴や種類についてご説明します。危険物取...
危険物について

可燃性ガスの種類や保管方法の注意点とは? 扱うのに資格はいるの?

ガスというと爆発する危険物というイメージを持っている方は多いでしょう。しかし、ガスのすべてが燃えるわけではありません。一定の条件下で燃えるガスのことを「可燃性ガス」といいます。そこで、今回は可燃性ガスの特徴やその種類についてご説明しましょう...
危険物について

粉塵爆発が起こる原理と防止対策とは?

「粉塵爆発」という言葉を聞いたことがある方は多いでしょう。実は、日本で起きている爆発事故の原因は、ガスと粉塵がほとんどなのです。では、いったいなぜ粉塵爆発は起きるのでしょうか?そこで、今回は粉塵爆発の原理や防止対策をご紹介します。粉塵爆発の...
危険物について

混合危険がある物質の組み合わせとは? こんな物質も危険です。

「混ぜるな危険」という注意書きを、見たことがある方は多いでしょう。物質の中には単体では安定していても、特定の物質と混ぜ合わせると有毒ガスが発生したり爆発したりするものがあります。そこで、今回は混合危険の組み合わせについてご説明しましょう。混...
危険物について

灯油と軽油の違いは何? 引火点や保管法に差はあるの?

私たちの最も身近にある危険物といえばガソリンや灯油、軽油などの石油製品でしょう。ガソリンは自動車の燃料というイメージがありますが、灯油や軽油はなじみが薄いという方もいると思います。そこで、今回は灯油と軽油の違いについてご説明しましょう。灯油...
タイトルとURLをコピーしました