危険物の取り扱いができる資格者を「危険物取扱者」といいます。「危険物取扱者になりたいけれど資格取得法がわからない」「免状の書き換え、更新がわからなくて不安」と悩む人は多いです。そこで、危険物取扱者資格、免状、保安講習など詳しく解説します。危険取扱者の資格、免状について知りたい方、資格を取りたい方は必読です。

  1. 危険物取扱者資格について
  2. 危険物取扱者免状について
  3. 危険物取扱者免状の申請方法とは
  4. 危険物取扱者免状の書き換え、再交付について
  5. 危険物取扱者免状の更新と保安講習について
  6. 危険物取扱者の資格、免状に関してよくある質問

この記事を読むことで危険物取扱者の資格内容や免状についてわかります。取得した資格を持ち続けるためにも免状に関する知識は必要です。

続きを読む


危険物取扱者は資格のなかでも非常に人気のある資格です。
資格は知識や能力を示すための大切な指標であり、就職や転職で有利になる危険物取扱者乙種は、受験者数が増加傾向にあります。
非常に用途の広い資格である危険物取扱者とはどのような資格なのかを詳しくご紹介しましょう。

  1. 危険物取扱者とは?
  2. 危険物取扱者 乙種・甲種・丙種の違いとは?
  3. 危険物取扱者乙種資格のメリット
  4. 危険粒取扱者乙種の詳しい種類について
  5. 危険物取扱者乙種の試験について
  6. 危険物取扱者乙種の受験対策
  7. 危険物取扱者資格に関するよくある質問
  8. まとめ

資格試験で合格するためには、資格についての知識を深めることが大切です。
勉強を始める前に、資格についての詳細を知ることは資格試験対策には大切な心構えになります。
危険物取扱者乙種とはどのような資格で、どのような業種に有利な資格なのかについて知識を深めましょう。

続きを読む


「指定可燃物は聞いたことがあるけれど詳しく知らない…」という人は多いのではないのでしょうか。指定可燃物は危険物にかかわるものです。危険物を取り扱っている、または管理している人は指定可燃物について知らなければなりません。そこで、指定可燃物とは何なのか、指定可燃物に関する資格など詳しく説明します。指定可燃物について知りたい人は、ぜひチェックしてください。

  1. 指定可燃物の定義
  2. 指定可燃物について
  3. 指定可燃物に関連する資格「危険物取扱者」について
  4. 指定可燃物・危険物に関してよくある質問

この記事を読むことで、指定可燃物について知ることができます。

続きを読む


この世にはさまざまな危険物が存在しています。たとえ、危険物の指定数量が少なくても取り扱いには専門の知識が必要です。これから、指定数量が少ない少量危険物とは何なのか、少量危険物の保管や貯蔵、危険物取扱責任者、試験、勉強法など詳しく説明します。現在、危険物取扱者の試験を考えている人や少量危険物について知りたい人は、ぜひ参考にしてください。

  1. 少量危険物とは
  2. 少量危険物の保管・貯蔵について
  3. 少量危険物の保管庫・取扱所について
  4. 危険物取扱責任者について
  5. 危険物取扱者の試験について
  6. 危険物取扱者のための勉強法
  7. 少量危険物・危険物取扱者に関してよくある質問

この記事を読むことで少量危険物と危険物取扱者についてわかります。

続きを読む


危険物取扱者は、学生だけでなく社会人にも人気の資格です。甲種・乙種・丙種の3種類があり、最も人気があるのは乙種4類、通称乙4ですが、丙種もこの資格に初挑戦する方の腕試しとして人気があります。

そこで今回は、危険物取扱者丙種の難易度や合格率、さらに効率のよい勉強方法などをご紹介しましょう。

  1. 危険物取扱者丙種という資格について
  2. 丙種を取得する意味
  3. 危険物取扱者丙種を取得する方法
  4. 危険物取扱者丙種に一発合格するための勉強法
  5. 危険物取扱者丙種についてよくある質問

危険物取扱者の試験にチャレンジする方の多くが乙種か甲種を選択します。しかし、丙種も持っておけば役に立つことも多いでしょう。この記事を読めば丙種を取得するメリットや、資格取得をしてできること、できないこと。さらに、ステップアップの方法なども分かります。これから丙種を受験したいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

続きを読む


スキルアップや転職活動にそなえ、資格取得を考えている社会人は多いと思います。そんな人に人気の資格の1つが、危険物取扱者乙種4類、通称乙4です。1年に複数回試験が受けられるので、思い立ったらすぐに受験しやすいのも魅力となっています。その一方で、「資格を取得したいが、勉強方法が分からずに悩んでいる」という人も多いことでしょう。

そこで今回は、危険物取扱者乙種4類の概要や資格取得までの流れ、勉強方法のコツを解説します。

  1. 危険物取扱者の資格を知ろう
  2. 危険物乙4の資格試験について
  3. 危険物乙4を取得するメリットとは?
  4. 資格を生かすことができる仕事には何がある?
  5. 受験対策と学習のポイント
  6. 合格までのスケジュールを立てよう
  7. 危険物乙4に関するよくある質問

この記事を読めば、自分に合った勉強方法を選ぶ目安などもよく分かるでしょう。資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


危険物とは、消防法で定められた火災や爆発を起こしやすい物質の総称です。
自動車や暖房の燃料としてなくてはならないガソリンや灯油も、危険物に指定されています。
今回は、危険物にごく最近指定された過炭酸ナトリウムの特徴や毒性についてご紹介しましょう。
危険物は消防法で定められるものですから、法律が改訂されれば危険物に指定される物質も増えたり減ったりします。
すでに危険物取扱者の資格を取得している方も、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 過炭酸ナトリウムとはどんな物質?
  2. 過炭酸ナトリウムの毒性や危険性
  3. 危険物としての過炭酸ナトリウム
  4. 過炭酸ナトリウムをご家庭で保管する場合は?
  5. おわりに

続きを読む


危険物とは、消防法に定められた「保管方法や取り扱い方が悪いと、発火や爆発する可能性の高い物質」の総称です。
しかし、少量の危険物ならば一般家庭にも保管されています。
保管や取り扱いに危険物取扱者の有資格者が必要な量が指定数量。
今回は、この指定数量についてご説明しましょう。
指定数量は消防法で定められていて、物質によって量が違います。
また、危険物取扱者の資格を取得するためには「指定数量の倍数計算」を覚えておく必要もあるのです。
危険物取扱者の資格取得を目指す方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 危険物の指定数量とは?
  2. 危険物の指定数量はどうやって決まるの?
  3. 自治体で独自の条例を定めているところもある
  4. 危険物の計算方法とは?
  5. 危険物の指定数量が適応外になる例とは?
  6. おわりに

続きを読む


重油は、原油から取れる石油製品のひとつです。
しかし、ガソリンや軽油、灯油などと違い、直接私たちの身近で使われることはないように思えます。
しかし、重油も私たちの生活と密着にかかわりがあるのです。
私たちが毎日使っているものの中にも重油が使われています。
そこで、今回は重油の性質や種類についてご紹介しましょう。
危険物取扱者乙種4類の資格を目指す方も、重油についての知識は必要です。
また、重油を取り扱う仕事に就いている方も、ぜひこの記事を読んでみてください。
仕事に役立つかもしれません。

  1. 重油とは?
  2. 重油の性質や使い道とは?
  3. 重油の種類とは?
  4. 危険物としての重油
  5. おわりに

続きを読む


危険物の1つになる「ヒドラジン誘導体」はどんな物質なのでしょうか。
危険物を取り扱う前に、基本的な知識はもちろん、注意点をきちんと理解しておかなければなりません。
何も知らないまま危険物を扱えば、大事故につながります。
そこで、ヒドラジン誘導体の性質・特徴や危険性、取り扱い方、保管方法について詳しく説明していきましょう。
ヒドラジン誘導体は危険物取扱者の試験にも出てきます。
試験勉強をしている人は、ぜひ参考にしてください。

  1. ヒドラジン誘導体の性質・特徴
  2. ヒドラジン誘導体の危険性
  3. ヒドラジン誘導体の取り扱い・保管方法
  4. まとめ

続きを読む