「 危険物について 」一覧

自然発火する性質を持っている物質のことを「自然発火性物質」と言います。
自然発火性物質は、発火性のある危険な物質でもあるので、取り扱いには注意しなければなりません。
特徴をきちんと把握し、正しい消化方法・火災予防を知ってください。
自然発火性物質とはどのようなものになるのか、説明します。
気になっている人は、ぜひチェックしてくださいね。

目次

  1. 自然発火性物質の特徴
  2. 自然発火性物質の火災予防
  3. 自然発火性物質の消化方法
  4. まとめ

続きを読む


工場で火災が発生すると、住宅で火災が発生したときよりも被害が大きくなるケースが多いです。また、化学物質や危険物を取り扱っている工場は爆発や有毒ガスが発生するケースもあるでしょう。つまり、工場の防火はとても重要です。

そこで今回は、工場の防火対策や防火対策における危険物取扱者の役割について、ご紹介します。火災を予防することも大切ですが、万が一火災が発生したときも危険物取扱者はやらなければならないことがあるのです。今回は、それもご紹介しましょう。危険物取扱者の資格取得を目指している方も必見ですよ。

  1. 工場火災はなぜ怖い?
  2. 工場火災の原因と対策は?
  3. 工場の防火対策における危険物取扱者の役割

続きを読む


ビリッと衝撃が走る「静電気」。
特に、冬場は静電気が起きやすく、困っている人も多いのではないでしょうか。
静電気がガソリンのような危険物に触れると、大事故になる危険性もあります。
ガソリン給油時にも、静電気除去シートに必ず触れてくださいとマークが記載されているのを見たことがあるはずです。
静電気とは、一体どのような発生メカニズムなのか、静電気が起こる理由について説明します。静電気除去シートの役割や仕組みにも触れるので、ぜひチェックしてください。

目次

  1. 静電気とは?
  2. 給油時の静電気除去シートの役割
  3. 静電気除去シートの仕組み
  4. まとめ

続きを読む


常温で保存していると発火・爆発の危険がある物質を「危険物」といいます。
消防法によって1類~6類に分類され、保管方法や管理方法が厳重に定められているのです。
また、危険物を取り扱ったり保管したりするには、「危険物取扱者」という資格が必要。
しかし、これはあくまでも「指定数量」を超えた危険物が対象です。
実は私たちの身近にも、扱いを間違えると火災の原因になる危険物がたくさんあります。
そこで今回は、取り扱いに注意しなければならない身近にある危険物についてご紹介しましょう。

目次

  1. 家庭にある危険物とは?
  2. 危険物の取り扱いを間違えると……。
  3. うっかり火災を防ぐには?
  4. おわりに

続きを読む


危険物取扱者の資格を取得するために勉強していると、「発火点」と「引火点」という言葉をよく目にします。では、この発火点と引火点の違いはなんでしょうか? よく似た言葉ですが、発火点と引火点を間違えると事故につながります。

そこで、今回は発火点と引火点の特徴や違いをご紹介しましょう。身の回りにある灯油などの危険物を取り扱う際にも、この2つを知っておくと便利です。また、危険物取扱者の資格取得を目指している方は必ず特徴や違いを覚えておきましょう。

  1. 引火点とは?
  2. 発火点とは?
  3. 引火点と発火点の違いとは?
  4. 引火点と発火点の違いとは?
  5. 石油類と引火点について
  6. おわりに

続きを読む


「禁水性物質」を知っていますか?将来、危険物取扱者になりたい人は必ず知っておかなければならない危険物質です。
消防法では、第3類危険物に分類されています。
危険物にはさまざまな種類があり、それぞれ特徴を把握しなければ取り扱うことができません。禁水性物質とはどのような物質なのか、特徴や火災予防方法、消化方法、資格を取得する方法について説明します。
危険物取扱者の勉強をしている人はぜひチェックしてください。

目次

  1. 禁水性物質の特徴
  2. 火災予防方法・消化方法
  3. 資格を取得する方法
  4. まとめ

続きを読む


危険物取扱者の試験合格を目指しているのであれば、出題率の高い危険物第4類についても理解しておきましょう。中でもアルコール類に関する問題が出題されることが多いです。アルコール類といっても全てのアルコールが危険物扱いになるわけではないため、消防法で指定されるアルコール類にはどういったものがあるのか確認しておきましょう。

アルコール類の種類や火災の予防方法、消化方法などを詳しくご紹介するので危険物取扱者試験の勉強をしている方は参考にしてみてください。

  1. 消防法で指定されるアルコール類
  2. 火災予防と消火方法
  3. アルコール類の取り扱い

続きを読む


消防法では指定数量を超えた危険物を保管する状況に対して細かい決まりが定められていますが、それ以下の危険物ならば自由に保管していいというわけではありません。たとえ少量でも危険物はきちんと保管しなくてはならないのです。

そこで今回は、少量危険物貯蔵取扱所についてご説明します。

少量危険物とは一体どのくらいの量を指すのでしょうか?また、消防法に基づいた少量危険物貯蔵所の基準とはどんなものなのでしょう?

危険物取扱者の方や、資格取得を目指す人はぜひ読んで知識を深めてください。

  1. 少量危険物とは?
  2. 危険物貯蔵所が必要な場合は?
  3. 少量危険物の貯蔵・取り扱いの注意点
  4. 少量危険物貯蔵取扱所に関するQ&A

続きを読む


大型車など燃料として使われることの多い「軽油」。いざという時のために常に軽油をキープしたいと考えている方も多いのではないのでしょうか。しかし、軽油も火がつくとたちまち燃えあがり、火事の原因にもなりかねないので消防法に基いた正しい方法で保管しておかなければなりません。軽油は軽油の保管容器やポリタンクに入れ、指定数量を守ってください。

これから保管方法や注意点について説明します。どうすれば安全に軽油が保管できるのかわからない人は必見です。

  1. 軽油を個人で保管できるのか
  2. 安全・適切な保管方法
  3. 取り扱いの注意点

続きを読む


劇毒物

世の中には約150万種もの化学物質が存在しています。
その中でも工業や農業、試薬品など社会の発展に役立つ物質でなおかつ毒性の強いものは「毒物及び劇物取締法」で毒物や劇物に指定されています。
では毒物や劇物の保管方法はどうすればよいのでしょうか?
そこで今回は毒劇物の管理や保管についてご紹介します。
毒物劇物取扱の方法は厳しく定められていますが、違反した場合は何か処罰はあるのでしょうか?
毒劇物の取り扱い方法を知りたいという方や、危険物取扱者の資格を取りたいという方はぜひ読んでみてくださいね。

目次

  1. 毒劇物とは?
  2. 毒劇物を保管する方法とは?
  3. 万が一毒劇物が盗難にあったり流出した場合は?
  4. 毒劇物を廃棄する場合はどうするの?

続きを読む