「 危険物について 」一覧

消防法によって定められている危険物は、私たちが思っている以上にたくさんあります。
その中には、運搬される機会が多いものもあるのです。
そこで、今回は危険物を運搬する際に使う容器についてご説明しましょう。
危険物は、不用意に放置しておくと発火や爆発の危険がある物質です。
それを運ぶための運搬容器には、どのような決まりがあるのでしょうか?
また、危険物取扱者の資格試験には容器についての問題も出されます。
この記事を読んでぜひ参考にしてくださいね。

目次

  1. 危険物を入れる容器とは?
  2. 危険物を持ち運ぶ際の容器とは?
  3. 危険物の危険等級とは?
  4. おわりに

続きを読む


危険物取扱者試験を勉強中の人は、必見です。
危険物取扱者の試験には、熱の伝わり方について問題が出てきます。
伝わり方の種類をしっかり把握しておかなければ、答えることができません。
熱はどのように移動するのか、それぞれの特徴をきちんと知っておきましょう。
熱の伝わり方や熱の伝わりやすさを示す「熱伝導率」、私たちが普段使っているものから説明します。
ぜひ、チェックしてくださいね。

目次

  1. 熱移動の3形態
  2. 熱伝導率とは
  3. 普段使っているものの熱移動
  4. まとめ

続きを読む


危険物を正しく取り扱うためには、燃焼範囲について知らなければなりません。
燃焼範囲とは、どのような意味を持っているのでしょうか。
燃焼範囲や可燃性蒸気が発生する危険物、燃焼範囲が広い物質について説明します。
また、燃焼範囲だけでなく、爆発範囲についても知りましょう。
危険物取扱者試験を控えている人は、ぜひチェックしてくださいね。

目次

  1. 燃焼範囲(爆発範囲)とは
  2. 可燃性蒸気が発生する危険物
  3. 燃焼範囲が広い物質
  4. まとめ

続きを読む


危険物とは、不用意に保管しておくと火災や爆発の危険性が高い物質のことです。
しかし、ガソリンや灯油など私たちの生活になくてはならないものも少なくありません。
ですから、危険物を輸送する機会も多いのです。
そこで、今回は危険物を輸送する際の決まりについてご紹介します。
危険物を輸送する方法は、どのようなものがあるのでしょうか?
また、消防法で定められた決まりについてもご説明します。
これから危険物取扱者の資格試験を受験するという方は、ぜひこの記事を読んで参考にしてくださいね。

目次

  1. 危険物の輸送とは?
  2. 危険物を運搬する際の決まりとは?
  3. 危険物を移送する際の決まりとは?
  4. おわりに

続きを読む


私たちの最も身近にある危険物といえば、灯油やガソリンです。灯油は使う季節が限られていますが、車やバイクの燃料でもあるガソリンは年中身近あります。その分、火災の危険性が高いでしょう。

そこで、今回はガソリン火災を消火する方法をご紹介します。ガソリン火災は普通の火災と何が違うのでしょうか?

また、ガソリン火災が起こったときにやってはいけない消火方法もご紹介します。ガソリンを扱っている施設や企業に勤めている方や危険物取扱者の資格取得を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。

  1. ガソリンとは?
  2. ガソリン火災が起きる原因
  3. ガソリン火災を消化する方法
  4. ガソリン火災の消火方法まとめ

続きを読む


毎年たくさんの犠牲者が出る火災。
火災で怖いのは炎だけではありません。
煙に含まれる一酸化炭素も、多くの人の命を奪ってきました。
ではなぜ、一酸化炭素を吸うときけんなのでしょうか?
今回は、一酸化炭素中毒が起きる原因と対策をご紹介します。
一酸化炭素はとても怖い物質のように思われますが、実は私たちは昔から一酸化炭素を出すものを利用して生活してきたのです。一酸化炭素中毒の予防対策について知りたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. 一酸化炭素と一酸化炭素中毒とは?
  2. 一酸化炭素を発生させるものとは?
  3. 一酸化炭素中毒の恐ろしさとは?
  4. おわりに

続きを読む


日本は世界で最も地震が多い国のひとつです。
特に、ここ20年の間には2度の大震災が起きて、多くの被害が出ました。
地震に対する備えをしている方も、たくさんいるでしょう。
「家の近くにガソリンスタンドがあるけれど、地震のときは大丈夫なのか?」と不安に思う方もいるかもしれません。
そこで、今回はガソリンスタンドの地震対策について、ご説明しましょう。
東日本大震災のときに石油コンビナートが爆発、炎上した映像を見た方も多いと思います。
ガソリンスタンドも爆発する危険性はあるのでしょうか?
興味がある方はぜひ読んでみてくださいね。

目次

  1. 震災時、ガソリンスタンドはどのような被害を受けた?
  2. ガソリンスタンドの構造とは?
  3. 地震が起きたらガソリンスタンドに避難すればよいって本当?
  4. 地震が起きた際、ガソリンスタンドには役割がある
  5. ガソリンを携帯する際の注意点
  6. おわりに

続きを読む


危険物取扱者には甲種、乙種、丙種の3種類があります。
その中で、最も受験者数が多いのが乙種4類、通称乙4です。
この乙4を取得すると取り扱える危険物が、引火性液体。
その中には石油類があります。
そこで、今回は石油類の分類についてご説明しましょう。
石油類は私たちの一番身近にある危険物です。
これを知っておくと、保存法の注意点などもより理解できるでしょう。
危険物取扱者を受験する予定がある方や灯油などの石油類を常時家に保管しているという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

目次

  1. 石油類とは?
  2. 石油類の特徴とは?
  3. 石油類の違いを効率よく覚えるには?
  4. おわりに

続きを読む


危険物取扱者の資格を取得するために勉強をしていると、「密度」と「比重」という言葉がよく出てきます。
このふたつは混同しやすいのですが、違うものなのです。
そこで、今回は密度と比重の違いについてご説明します。
この違いが分かれば、理解度もアップするでしょう。
密度と比重の違いがよくわからないという人や、危険物取扱者の資格取得を目指しているという方はぜひこの記事を読んで違いを理解してください。
また、すでに資格を持っている方の復習にも役立ちますよ。

目次

  1. 密度と比重とは?
  2. 密度・比重と危険物について
  3. ​危険物取扱者が、比重や密度を知っておくべき理由とは?
  4. 比重と密度を間違えないようにするには?
  5. おわりに

続きを読む


私たちが利用する建造物の多くが、金属で作られています。
金属は頑丈ですが、「腐食」という弱点があるのです。
特に海中や土の中、海の近くで使われている金属製品は腐食しやすいでしょう。
それを防止する方法のひとつが「電気防食」です。
今回は、電気防食の種類や原理をご紹介しましょう。
電気防食の原理が分かれば、職場でも役に立つことがあるかもしれません。
電気防食の原理や種類について知りたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. 金属の腐食と防食とは?
  2. 電気防食の原理とは?
  3. 電気防食のメリットとは?
  4. 電気防食の種類とは?
  5. おわりに

続きを読む