「 危険物取扱者の業務内容 」一覧

私たちにとって最も身近な危険物のひとつ、ガソリン。では、ガソリンと石油の違いは何でしょうか?

そこで今回は、ガソリンと石油の違いについてご紹介します。また、灯油や重油、軽油などとの違いもご説明しましょう。危険物乙種4類(通称乙4)の取得を目指す方だけでなく、家に車や石油ストーブがある方も知っておいた方が良い情報ばかりです。石油は私たちの身近にあるものですが、その危険性やそれぞれの特徴は案外知られていません。

ぜひ、この記事を読んで最も身近な危険物のことを知ってください。

  1. 石油は総称?
  2. ガソリンの特徴は?
  3. ガソリンの種類は?
  4. ガソリンを取り扱う際の注意点

続きを読む


危険物とは、消防法で定められた通常の状態で放置すると、火災や爆発の危険が高い物質を指します。そんな危険物を一定以上保管している特定の施設は、「予防規定」を定めなければなりません。ではいったいどのような危険物施設に予防規定を設けなければならないのでしょうか?

そこで今回は、消防法における予防規定についてご説明します。危険物の保管法や運搬法は消防法で厳しく定められていますが、それ以外に守ることはあるのでしょうか?

  1. 予防規定とは?
  2. 予防規定で定めなければいけないことは?
  3. 予防規制を制定する流れは?
  4. 予防規定を定める際の注意点
  5. おわりに

続きを読む


ガソリンや灯油などの危険物は、配達などで運搬することが多いです。では、危険物を運搬するには消防法でどのような規則があるのでしょうか?今回は、危険物の運搬容器や危険物運搬車両をはじめとする、危険物の運搬方法についてご紹介します。危険物の運搬というとタンクローリーをイメージする方が多いですが、実はあれは運搬ではありません。

詳しくは記事の中でご紹介しましょう。危険物取扱者の資格取得を目指している方もぜひ読んで、勉強に役立ててください。

  1. 危険物の運搬とは?
  2. ​危険物を運ぶ際の規制とは?
  3. 危険物を運ぶ際の容器の決まりは?
  4. 危険物を運搬する際に気を付けることは?
  5. 一般の人が危険物を運搬するには?

続きを読む


ガソリンや石油などの危険物を、自動車で運んでいる様子を見たことがある方は多いと思います。
あの独特な形の容器は「移動タンク貯蔵所」というのです。
そこで今回は、移動タンク貯蔵所の規定や定期点検の方法などをご説明します。
危険物取扱者の取得を目指すなら、移動タンク貯蔵所についての決まりや給油行為の規則などは知っておかなくてはなりません。
この記事を読んでぜひ参考にしてください。
また、ガソリンスタンドなどでアルバイトをしたいと思っている方も知っておくと便利な知識ばかりですよ。

目次

  1. 移動タンク貯蔵場とは?
  2. 移動タンク貯蔵所の定期点検の方法
  3. 危険物取扱者の資格を取るとできることとは?
  4. 免状の不携帯や顔写真の更新忘れには気をつけよう
  5. おわりに

続きを読む


危険物取扱者の資格を取得すると、甲種はすべての類、乙種は取得した類の危険物を取り扱うことができます。危険物を取り扱う仕事に就いた際は、定期的に危険物取扱者保安講習を受けなければなりません。

そこで今回は、危険物取扱者保安講習とはどのようなものかということをご紹介します。受講しなければならない条件や、頻度、さらに受講しなかった場合はどうなるのかということもご説明します。

危険物取扱者の資格を取得している方や、取得を目指している方はぜひ読んでみてくださいね。

  1. 危険物取扱者保安講習とは?
  2. 講習を受けないとどうなるの?
  3. 定期的に講習を受けなければいけない理由
  4. 講習以外に定期的な更新が必要なものは?

続きを読む


社会人にも人気の資格「危険物取扱者」。取得すると消防法で定められた指定数量の危険物を扱う施設の保安や管理を行えます。では、法令に定められた危険物貯蔵所とはいったいどのようなものがあるのでしょうか?

そこで今回は、危険物取扱者を保安員として選任しなければならない施設をご紹介しましょう。危険物取扱者の資格を保持していれば、そのような施設を所持している企業への就職や転職が有利になります。

危険物取扱者の資格取得を目指している方はぜひ読んでみてくださいね。

  1. 危険物取扱者を選任する必要がある施設とは?
  2. 危険物保安監督者が必要な施設や選任条件とは?

続きを読む


一定数の延べ床面積をもつ建物や、不特定多数の人が出入りする建物は防火管理者を選任しなくてはなりません。
では、その防火管理者になるためにはどうしたらよいのでしょうか?
また、防火管理者には甲種と乙種があるそうですがその違いは何でしょう?
そこで今回は防火管理者になる方法や必要な資格・条件などをご紹介しましょう。
職場で防火管理者を選任しなければならないけれど、どうしたらいいの?という方や防火管理者になりたいという方はぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


就職や転職に有利ということで人気の高い国家資格、危険物取扱者。特に、乙種4類、通称乙4は危険物取扱者の代名詞になるくらい、受験者が多いことで知られています。

では、危険物取扱者の資格を取るとどのような職場で働けるのでしょうか? また、どのような仕事をすることができるのでしょうか?

そこで今回は、危険物取扱者の資格が役に立つ職場をご紹介しましょう。危険物取扱者が必要とされる場所というのはガソリンスタンドというイメージが強いのですが、それだけではないのです。危険物取扱者の取得を考えているという方はぜひ読んでみてくださいね。

  1. 危険物取扱者ができることは?
  2. 危険物取扱者を必要としている職場は?
  3. 万が一事故が起きてしまったら?
  4. 危険物取扱者の資格を取得するには?

続きを読む


屋外タンク

危険物とは、取り扱いを誤ると爆発や大火災になる危険性がある物質のことです。
これを管理する資格が危険物取扱者です。
また、危険物取扱者は一定の条件を満たせば危険物保安監督者になることができます。
では危険物保安監督者になるための条件や、危険物保安監督者が必要な職場とはいったいどのようなものでしょうか?
今回はそれをご紹介します。
危険物保安監督者を必要としている職場は思っている以上に多いのですよ。
危険物取扱者の資格を生かした仕事に就きたいという方はぜひ読んでみてくださいね。

  1. 危険物保安監督者とは?
  2. 危険物保安監督者が必要な施設とは?
  3. 危険物保安監督者に選任されたら?

続きを読む


タンク

危険物保安監督者とは危険物を取り扱う会社などで安全を監督するために選任される人で、市町村に必ず届けなくてはならない決まりがあります。
初めて聞く人も多いと思いますが、危険物を扱う作業の安全を確保するためにとても重要な役割があり、厳しい条件をクリアしていなくては就けない仕事のため、危険物を知り尽くしてと言っても過言ではありません。
危険物保安監督者になるためには、危険物取扱者という国家資格を取得する必要があり、これはすぐに実践力になり高収入に繋がることで人気がある資格です。
最近は、工業高校や大学でも将来的に危険監督保安者になれるように、危険物取扱者の資格を取るように指導するところもあり、在学中に受験する人も多いようです。
それでは危険物保安監督者とは具体的にどのような人たちなのか、仕事内容や必要な資格を詳しくご紹介します。

続きを読む