危険物取扱者とは、危険物の取り扱いや保安監督業務を行うことのできる国家資格です。ガソリンスタンドで働く際に必要な資格、というイメージを持っている方も多いことでしょう。これ以外にも有資格者を必要としている職場は多く、転職や就職に有利な資格として、人気があります。取得すれば昇給ものぞめるでしょう。また、資格を活かして就職した場合の収入が気になる方も多いと思います。

そこで、危険物取扱者の年収について解説しましょう。

  1. 危険物取扱者の基礎知識
  2. 危険物取扱者の年収について
  3. 危険物取扱者の試験について
  4. 危険物取扱者に対するよくある質問

この記事を読めば、資格を取得すれば収入がどれだけ増加するかも分かりますよ。危険物取扱者の資格取得を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


危険物とは、火災や爆発の原因となりやすい物質の総称です。といっても、すべての可燃物が危険物に指定されているわけではなく、消防法によって特定の物質が危険物として指定されています。身近な物質では、ガソリン・灯油・軽油などです。危険物を取り扱ったり保安監督業務を行ったりできる資格を、危険物取扱者と言います。

今回は、危険物取り扱い施設のうち、一般取扱所について解説しましょう。

  1. 危険物の基礎知識
  2. 危険物取扱所について
  3. 一般取扱所における危険物取扱者の役割
  4. 一般取扱所のよくある質問

この記事を読めば、一般取扱所以外の取り扱い所の特徴などについても分かりますよ。危険物取扱者の資格取得を目指す方は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


移送取扱所とは、危険物を配管やポンプを通じて移送する施設のことです。危険物を移送するための方法の一つですが、日本では設置されている場所はあまりありません。それでも、危険物取扱者の資格試験で設置基準などが出題されることもありますので、資格取得を目指す方は、移送取扱所の特徴などを覚える必要があります。

そこで、今回は移送取扱所の特徴などをご紹介しましょう。

  1. 危険物の基礎知識
  2. 移送取扱所について
  3. 移送取扱所に対するよくある質問

この記事を読めば、他の取扱所と移送取扱所の違いも分かりますよ。危険物取扱者の資格取得を目指している方も、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

続きを読む


危険物取扱者とは、消防法で指定されている「危険物」の取り扱いや保安監督業務ができる資格です。ガソリンや灯油など私たちの生活になくてはならない物質も危険物に指定されているため、有資格者を求めている職場は皆さんが考えているよりもたくさんあります。また、受験資格が定められていないので、誰でも受験することが可能です。今まで全く危険物と無縁の仕事をしてきた方が、取得にチャレンジするケースも珍しくありません。

そこで、今回は危険物取扱者の需要や求人についてご紹介しましょう。

  1. 危険物取扱者について
  2. 危険物取扱者の需要について
  3. 危険物取扱者の資格を効率よく取得する方法
  4. 危険物取扱者の需要や求人に対するよくある質問

危険物取扱者にはどのような需要があるの? 求人や仕事内容とは?

この記事を読めば、危険物取扱者を求める職場についてもよく分かりますよ。危険物取扱者の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


危険物保安監督者とは、危険物の取扱作業において保安の監督業務を行う者のことをいいます。消防法で特定の施設に選任が義務づけられており、危険物施設保安員を支持して危険物の製造所や貯蔵所の安全点検なども行うことが可能です。危険物取扱者の資格を取得した後に、危険物保安監督者を目指して実務経験を積む方も多いことでしょう。

そこで、今回は危険物保安監督者の届出義務や選任義務について解説します。

  1. 危険物って何?
  2. 危険物保安監督者について
  3. ​危険物保安監督者の選任と届出について
  4. 危険物取扱者を取得する方法について
  5. 危険物保安監督者に関するよくある質問

この記事を読めば、危険物保安監督者になる方法もよく分かることでしょう。危険物取扱者の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


危険物の取り扱いや保管をするためには、「危険物取扱者」という資格を取得しておかなければなりません。誤った方法で保管・取り扱いをしてしまうと、火災や爆発の恐れがあります。また、危険物取扱者は、取り扱う危険物の分類によって、資格の種類も異なるものです。そのため、自分が取り扱う危険物の分類をきちんと把握して、適切な資格を取得しておかなければなりません。

そこで本記事では、危険物の基礎知識や分類について、どのような特徴があるのか、詳しく説明します。

  1. 危険物の基礎知識
  2. 危険物の分類について
  3. 危険物1類~9類について
  4. 危険物取扱者の試験概要と勉強法について
  5. 危険物に関してよくある質問

この記事を読むことで、危険物取扱者の資格取得に必要な危険物の分類について知ることができます。試験を考えている方はぜひ参考にしてください。

続きを読む


危険物とは、消防法で定められている火災を発生させやすい物質の総称です。自動車やバイクの燃料であるガソリンや、灯油・軽油なども危険物に指定されています。危険物にはそれぞれ指定数量が定められており、それを超えた量の危険物を保管する場合は、専用の貯蔵所が必要です。貯蔵所には大きく分けて屋内・屋外・タンクの3種類がありますが、それぞれどんな違いがあるのか分からない方もいると思います。

そこで、今回は危険物を保管することのできる貯蔵所の一種、簡易タンク貯蔵所についてご紹介しましょう。

  1. 簡易タンク貯蔵所の基礎知識
  2. 簡易タンク貯蔵所の基準について
  3. 危険物取扱者とは?
  4. 危険物取扱者の資格を取得する方法
  5. 簡易タンク貯蔵所に関するよくある質問

この記事を読めば、貯蔵所の種類や特徴も分かります。危険物取扱者の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


危険物とは、消防法で定められた火災の原因となりやすい物質の総称です。私たちの身近にある物質としては、ガソリンや灯油・軽油などが危険物に指定されています。危険物は保管方法や取り扱いだけでなく、移送や運送方法にも決まりがあるのです。

そこで、今回は危険物の移送や運搬について解説しましょう。

  1. 危険物の基礎知識
  2. 危険物の移送と運搬について
  3. 危険物取扱者の資格を取得する方法
  4. 危険物の運搬と移送に関するよくある質問

この記事を読めば、危険物の移送と運送の違いやそれぞれの決まりがよく分かります。危険物取扱者の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


消火器とは、火災が燃え広がる前の段階の消火活動に利用される簡易的な消防設備です。避難訓練などで使ったことがある方も多いことでしょう。消火器は火災の危険がある工場などの他、不特定多数の人が利用する建物でも設置が義務づけられています。

今回は、消火器の設置基準について解説しましょう。

  1. 消火器に関する基礎知識
  2. 消火器の設置基準について
  3. 消火器の設置・整備・点検が行える資格について
  4. 消火設備の設置基準に関するよくある質問

この記事を読めば、消防設備の設置基準についての知識も増えます。消防設備士の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


地下タンク貯蔵所とは、文字どおり地下にタンクを埋め込み、その中で危険物を貯蔵する施設です。ガソリンスタンドや工場などで、安全に危険物を保管するために設置されていることが多いでしょう。危険物貯蔵所は、定期点検をすることが、消防法によって定められています。

今回は、地下タンク貯蔵所の定期点検についてご紹介しましょう。

  1. 地下タンク貯蔵所の基礎知識
  2. 地下タンク貯蔵所の定期点検
  3. 危険物取扱者の資格を取得する方法
  4. 地下タンク貯蔵所の定期点検に関するよくある質問

この記事を読めば、危険物取扱者が行える職務についても分かります。危険物取扱者の資格取得を目指している方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

続きを読む