危険物取扱者を高校生が取得するメリットは? 合格のコツも教えます!

「高校生でも危険物取扱者を取得できると聞いたが、本当か」「高校生が危険物取扱者を取得するメリットを知りたい」とお考えではないでしょうか。危険物取扱者は、危険物の取り扱いや立ち会いができ、企業からの需要が高い人気資格となります。できれば、高校生のうちに取得しておきたいですよね。しかし、実際にどんなメリットがあるのか・習得するコツは何かなど、分からないこともあるでしょう。

そこで今回は、高校生が危険物取扱者を取得することについて詳しく解説します。

  1. 高校生でも危険物取扱者資格を取得できる?
  2. 高校生が危険物取扱者を取得するメリットは?
  3. 危険物取扱者の資格取得方法
  4. 高校生の危険物取扱者取得に関するよくある質問

この記事を読むことで、高校生で危険物取扱者を取得するコツがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.高校生でも危険物取扱者資格を取得できる?

最初に、高校生で危険物取扱者資格を取得することについて見ていきましょう。

1-1.乙種・丙種共に受験資格がない

危険物取扱者試験は、乙種・丙種共に受験資格がありません。したがって、高校生でも問題なく受験できます。まずは、丙種からチャレンジし、乙種を目指すのもいいでしょう。なお、乙種で指定の4種類以上に合格し免状の交付を受けると、甲種の受験資格を得ることができます。つまり、高校生でも危険物取扱者資格をすべて取得することが可能なのです。

1-2.高校レベルの学力で十分にカバーできる

危険物取扱者は、高校レベルの学力があれば十分にカバーできます。特に人気の高い乙種4類の試験科目は以下のとおりです。

  • 危険物に関する法令15問
  • 物理学および化学10問
  • 危険物の性質ならびにその火災予防および消火の方法10問

物理学や化学は高校で勉強する内容で十分理解できることや、すべて筆記試験かつマークシート方式で行われることも、高校生が受験しやすい理由でしょう。

1-3.高校が受験をすすめることも多い

危険物取扱者は、高校生で受験する人が多く存在します。実際に、工業高校では危険物取扱者の取得をすすめており、全員に乙種を受験させるところもあるほどです。なお、平成29年度の甲種試験における高校生の合格率は、20.4%となっています。試験全体の合格率が37.3%であることを考えれば、高校生で甲種合格を目指すのも無理ではありません。

1-4.上級試験を受けるためには?

最上級資格の甲種を高校生が受験するためには、以下のように4種類以上の甲種に合格し免状を交付されていることが必要です。まずは、乙種を取得することを目指しましょう。

  • 第1類か第6類
  • 第2類か第4類
  • 第3類
  • 第5類

2.高校生が危険物取扱者を取得するメリットは?

高校生が危険物取扱者を取得すると多くのメリットがあります。主なものを詳しく解説しましょう。

2-1.アルバイトの時給が上がる

乙種第4類はガソリンなどの引火性液体の取り扱いや定期点検・保安ができる資格です。たとえば、ガソリンスタンドでアルバイトしている場合、乙種第4類を取得することで時給が上がることがあります。仕事の幅が広がることだけでなく、ガソリンスタンドでは少なくとも1人以上の乙種第4類危険物取扱者を置く必要があることからも、貴重な人材となるからです。

2-2.就職で有利になる

危険物取扱者は、企業から需要の高い資格です。就職活動では、未取得者と比較すると取得済みのほうが断然有利に進みます。特に、工場・ビル管理会社・化学メーカーなどに就職を希望する場合は、高校生のうちに取得しておくといいでしょう。乙種第4類が1番人気ですが、ほかの乙種や甲種も併せて取得すれば、競争率が高い企業への就職も夢ではありません。

2-3.学習時間を確保しやすい

高校生は、学習時間を確保しやすいのも大きなメリットです。危険物取扱者に合格するためには、必要な知識の暗記や例題に慣れておく必要があります。特に、試験直前の1か月間は、試験勉強に取り組む時間を確保することが合否に大きく影響するものです。社会人になってから取得するよりも、自由時間が多い高校生のうちに取得したほうが楽に準備できるでしょう。

2-4.ジュニアマイスター顕彰制度の評価対象になる

危険物取扱者を取得すると、ジュニアマイスター顕彰制度の評価対象になるのもメリットです。工業高等学校などでは、危険物取扱者試験の合格者に対し、甲種20ポイント・乙種第4類4ポイント・そのほかの乙種と丙種にはそれぞれ2ポイントが付与されます。ポイント数の多い学校は、就職試験や推薦入試などでも大きく評価されることでしょう。また、高ポイント獲得者学校によっては図書カードなどがもらえることもあります。

3.危険物取扱者の資格取得方法

危険物取扱者の資格取得方法を見ていきましょう。

3-1.甲種だけ受験資格が必要

甲種危険物取扱者の受験資格は、1-4で前述した以外にも以下のようなものがあります。

  • 大学・短期大学・高等専門学校・専修学校などで化学に関する学科などを卒業
  • 大学・短期大学・高等専門学校・大学院などで化学に関する授業科目を15単位以上修得済み
  • 乙種危険物取扱者免状の交付を受けた後、危険物製造所等における危険物取扱の実務経験が2年以上

なお、より詳しい内容は一般財団法人消防試験研究センターの受験資格案内ページを参考にしてください。

3-2.全国47都道府県で1~3か月に1回以上実施

危険物取扱者の試験概要は、以下のとおりです。

  • 試験日程:主に土日で1~3か月に1回以上(都市部は月に数回実施)
  • 受験地:全国47都道府県の指定会場
  • 受験料:甲種 6,500円・乙種 4,500円・丙種 3,600円
  • 申し込み方法:書面申請・電子申請

より詳しい内容は、一般財団法人消防試験研究センターの受験案内ページをご覧ください。

3-3.マークシート方式の筆記試験を3科目受験

危険物取扱者試験は、マークシート方式の筆記試験を3科目受験します。実技試験はありません。種類ごとの詳細は、以下を参考にしてください。

甲種

5肢択一・試験時間150分

  • 危険物に関する法令15問
  • 物理学および化学10問
  • 危険物の性質ならびにその火災予防および消火の方法20問

乙種

5肢択一・試験時間120分

  • 危険物に関する法令15問
  • 物理学および化学10問
  • 危険物の性質ならびにその火災予防および消火の方法10問

丙種

4肢択一・試験時間75分

  • 危険物に関する法令10問
  • 燃焼および消火に関する基礎知識5問
  • 危険物の性質ならびにその火災予防および消火の方法10問

3-4.各科目60%以上で合格

平成30年度の危険物取扱者の合格率は、以下のとおりです。

  • 甲種:39.5%
  • 乙種:44.6%
  • 丙種:51.2%

合格基準は、すべての科目で60%以上の得点率となります。1科目でも基準に達していない場合は、不合格です。なお、約半数以上が不合格と考えると、試験の難易度は中程度と言えるでしょう。

3-5.帰宅後すぐに勉強する習慣をつけよう

高校生におすすめなのは、帰宅後すぐに勉強する習慣をつけることです。帰宅後は、授業や部活で疲れていることでしょう。しかし、後回しにすると眠気に勝てないことが多いものです。毎日10~20分程度でも習慣化してしまえば、試験当日まで多くの勉強時間を確保できます。また、通学に公共交通機関を利用している場合は、通学時間に勉強してもいいでしょう。効率よく学習を進めるには、評判のいい通信教材を活用することをおすすめします。たとえば、当SATの危険物取扱者講座では、分かりやすいテキスト・DVD教材により退屈とは無縁で学習可能です。また、スマホで聞くことのできる音声ファイルも利用できるので、無理なく合格レベルの実力をつけることができます。ぜひ、お試しください。

4.高校生の危険物取扱者取得に関するよくある質問

最後に、高校生の危険物取扱者取得に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.なるべく効率よく受験するコツは?
A.まずは、人気のある乙種第4類の取得を目指しましょう。乙種第4類を取得後は、受験科目免除でほかの乙種を受験できます。第1類か第6類・第4類・第3類・第5類の4種類に合格し、免状の交付を受けた後は甲種に挑戦してください。

Q.大学受験で危険物取扱者資格を生かす方法は?
A.私立大学の中には、危険物取扱者資格によりAO入試制度を利用できるところがあります。大学進学希望の場合は、検討してみるといいでしょう。

Q.受験と試験勉強は両立できる?
A.可能です。ただし、受験に大きな影響を与えないためにも、高校3年生の前半までに取得してしまいましょう。後半までに取得できなかった場合は、受験を優先してください。

Q.乙種の全種類取得と、乙種4種取得後に甲種を取得するのではどちらがおすすめ?
A.乙種4種取得後に甲種を取得することをおすすめします。甲種の免状ひとつだけで、すべての危険物を取り扱いや立ち会いができるからです。また、最上位資格である甲種を持っていれば、企業からの評価も高くなり、就職活動で有利になります。

Q.高校卒業で就職した後で甲種を取得してもいい?
A.はい。高校生のうちに必ずしも甲種まで取得する義務はありません。高校生のうちに取得したほうが楽ですが、無理せず自分のペースで進めていきましょう。

まとめ

今回は、危険物取扱者を高校生が取得することについて詳しく解説しました。危険物取扱者の中でも乙種と丙種は受験資格がないため、高校生でも受験可能となります。特におすすめは乙種第4類です。乙種第4類は、ガソリンなどの引火性液体の取り扱いと立ち会いができるため、需要が高くなります。なお、第4類など指定の乙種を4種類取得すると、高校生でも甲種の受験資格を得ることが可能です。甲種を取得すれば、すべての危険物の取り扱いと立ち会いができ、就職に大変有利なのでぜひチャレンジしてみてください。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?